日本語を英語に訳す能力(英訳力)が大事


日本語を英語に訳す能力

大学まで出たのに海外に旅行に行ったら全く英語が話せなかった。ということをよく耳にします。
(自分もその中の一人なんですが…)

日本の学校では

英語→日本語

の練習ばかりします。
例えば、

1)以下の英文を日本語訳しなさい
This is the key that I lost yesterday.

この様な問題はテストでもよく出ました。
皆さんも簡単に答えられるのではないでしょうか。

ではこれはどうでしょう?

2)以下の日本語を英訳しなさい。
わたしは昨日映画に行く予定ではなかった。

どうでしょう。
けっこう難しくないですか?

答えは
I wasn’t going to go to see a movie.
となります。

もちろん答えは一つではありませんが。

この様な問題は試験ではあまり出ませんでしたよね。

本当はこういう練習問題の方が英語で何かを表現するためには必要なのです。
日本語訳という作業は、英単語や英文法、英熟語を覚えるというインプットです。
逆に英語訳は、相手に何かを伝えるために自分の中にある知識を総動員して表現するアウトプットです。
こういう理由で日本人は英語で何かを表現する力が低い人が多い気がします。

「これは英語でなんて言えばいいのかな?」

こういう問題解決力をどんどんつけることで生きた英語力の向上させることができるのではないでしょうか。



\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

5000人以上が受講中です

無料購読はこちら

英語学習メルマガの発行を5年継続中。現役の英語学習者です。
プロフィール

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these <abbr title="HyperText Markup Language">HTML</abbr> tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

CAPTCHA