「とても」という意味の副詞 very と so の違い・ニュアンス

「とても」という意味の副詞 very と so の違い・ニュアンス


very so は、日本語で言うと「とても~だ」という意味の副詞で、同じもののような気がしますが、ちょっとした違いがあります。
今回は、この very と so の違いをきっちり理解しましょう。

 

たとえば、このような例文

You are very cute.
You are so cute.

日本語に訳すと、どちらも「君はとてもかわいい。(あなたとても素敵よ。)」という意味です。

また、

Thank you very much.
Thank you so much.

どちらも「本当にありがとうございました。」という意味です。

でも、実は以下のような違いがあります。

very
事実を述べている
言い方によると他人事に聞こえる

so
心がこもる
話し手の気持ちが含まれる

so の場合は、中学で習った、so ~ that … の構文を考えると分かりやすいです。
so ~ that … は「…するほど~だ」という意味でしたね。

例:I’m so excited that I can’t sleep.「とても興奮して眠れない。」
「私はとっても興奮している!眠れないほどだよ。」という意味になりますね。

ですので、

I’m so excited.
You are so cute.

など、so を使う場合は、
省略された that 以下のことが隠されている(省略されている)状態なんですね。
You are so cute. の場合でしたら、
(I want to kiss you.) とか、(I want to hold you.) とか。
何か期待感が膨らみますね。

そのように、話し手の気持ちを強く表せるのが so です。
ですので、何か心を込めたいときは、very よりも so を使うのがベターです。

 

また、soを使うときは、その感覚を相手と共有したいという気持ちがあります。

He is so cute. という場合は
「彼ってすごくキュートよね。(そう思うでしょ?)」という意図があります。
話し相手も彼のことをを知っていてる場面です。

一方、
He is very cute. の場合は、
「彼ってすごくキュートなんです。」という意味で、彼のことをまだ知らない話し相手に説明してあげている場面です。

ですので、必然的に so の方が、友達や家族、恋人同士など親しい間柄で使われることが多くなります。

まとめると・・・

  • so は話し手の感情が入る
  • very は説明的・客観的
  • so は相手との共有事項について
  • very は相手が知らない情報について


\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

5000人以上が受講中です

無料購読はこちら

英語学習メルマガの発行を5年継続中。現役の英語学習者です。
プロフィール

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these <abbr title="HyperText Markup Language">HTML</abbr> tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

CAPTCHA