ゲーム好きには最良の方法。日本語・英語対応のテレビゲームでの画期的な英語学習法

ゲーム好きには最良の方法。日本語・英語対応のテレビゲームでの画期的な英語学習法


土手のバンクさんから投稿いただいた「みんなの英語学習法」です。


これにはハマった、これは何回でもプレイできる、そんなゲームとの出会いがあった方も多いのではないでしょうか。

私はホラーゲームが大好きで、日本のホラーゲームは海外(特に北米と欧州)でも人気なので、日英両言語に対応しているものが多くあります。

その中でも、例えば、映画のように主人公やキャラクター達の発言やゲーム内の説明文が表示されているもの、これが私の英語の教師でした。

サイレントヒル

私も途中までは、単なるゲーマーでした。

しかし、どっぷりのめり込みんで気がつけば「サイレントヒル」シリーズを全てプレイしているとう状態でした。

A1K0JOSdbDL._SL1500_

このゲームは音も字幕も日英対応しているのでオススメでもあります。

この学習法は非常に単純なステップで構成されています。

第一ステップは「日本語のゲームにのめり込む」というまさにゲームをプレイすることです。

1周では台詞などを覚えませんので、2周、3周と繰り返します。テキストや参考書を繰り返すのとは違い、はっきりいってこの手のゲームは慣れれば3時間弱で攻略できてしまう、言い換えれば学習できてしまうのが魅力とも言えます。

主人公の台詞に合わせて日本語で話すのも効果があると言えます。

そして、第二ステップでは、「英語版のプレイ」をするだけです。

すると不思議なことに、「豚の肝臓にオキシドールを加えると二酸化炭素が発生する」という難しい英文が表示されていても、当然「おぼろげながら」なら理解できるようになります。

第二ステップでは、キャラの声を聞いてもダイレクトに理解できないかもしれません、その際は字幕と共に確認しましょう。

分からなくてもゲームはできます。何せ、日本語バージョンは既に頭に入っているのですから。第一ステップと同じように数周するのがコツと言えます。

そして、第三ステップの「日→英→日→英…」を理解できるまで実行します。

この時点で、どのキャラが何と言っているのか、どんな説明が書かれているのかがほぼ全て理解できます。

これだけで、単語、構文、生の英語のリアクション表現など多彩な英語の知識が脳内に蓄積されているはずです。

ゲーム自体には飽きがきているかもしれませんが、これが「辞書を最初から見ていくという方法」よりは、遥かに楽な学習法だということを思い出して下さい。

TOEIC対策にも

これで、覚えた単語や構文を使っての簡単な英会話ができるようになっているはずです。

TOEICで高いスコアを狙いたい人は、TOEIC対策をするとリスニングエリアの理解力が格段にグレードアップしていることに気がつくはずです。

海外に行きたい方は、例えばホームステイならばこの学習法と簡単な挨拶本だけでステイが楽しめるはずです。

楽に単語と構文とリスニング能力を包括的に高められる「日英ゲーム学習法」で、手早く・気楽に英語能力を高めてみると、あなたの世界に革新が起こることでしょう。


ペンネーム:土手のバンクさん
英語レベル:TOEIC公開スコア900点


土手のバンクさんより投稿いただきまた。ありがとうございます。

とても画期的で目からうろこの学習方法ですね。

本を読むよりもゲームのほうがとっつきやすく、のめり込み度も段違いです。
僕もゲームは好きな方ですがサイレントヒルはやったことないんですよね。

この勉強法ですばらしいのは、リアルな英語表現をそれに応じた場面を見ながら、さらにはキャラクターの動きや心理状況を追体験しながら覚えられることだと思いました。
単語帳や小説を読むだけではなかなかイメージし辛いような言外の意味も同時に理解していけるというのは魅力的だと思います。

機会があれば一度試してみたいと思います。

みんなの英語学習方法コーナーでは、みなさんの英語学習方法・学習体験談を随時募集しております。 例えば「こんな方法が上達につながった!」「この教材はおすすめ!」など、英語学習者同士で情報交換してみませんか? 投稿いただいた内容は、こちらのコーナーに掲載させていただきます。
みんなの英語学習方法投稿フォーム



\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

5000人以上が受講中です

無料購読はこちら

英語学習メルマガの発行を5年継続中。現役の英語学習者です。 プロフィール

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these <abbr title="HyperText Markup Language">HTML</abbr> tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

CAPTCHA