英語脳メルマガ 第00959号 英語脳 I have an aversion to eating の意味は?

一日一文“英語脳”で読む英語上達法
VOL.959

皆さんお疲れ様です。
今日も英語脳で英語を読む練習をしましょう。

■本日の例文

I have an aversion to eating raw and slimy food.

————-
今日の予習
————-

□aversion
音声ア[バ]ーション
反感,嫌悪

□raw
音声ゥ[ロ]ー
生の

□slimy
音声ス[ラ]イミー
ネバネバした,ヌルヌルした

※[]はアクセントです


have an aversion to ~ で「~に嫌悪感を持っている、~が嫌いだ」という意味になります。
aversion ア[バ]ーションは「反感、嫌悪感」という意味の名詞です。
形容詞形は averse ア[バ]ース「ひどく嫌がって、反対して」です。
語源は a- = ab- (離れて) + ラテン語の vertere(=turn 回る、向く)= 他に向ける です。

eating raw and slimy food で「生でヌルヌルした食べ物を食べること」という意味になります。
slimy スライミーは「ヌルヌルした」という意味の形容詞です。
名詞形は slim スライム「粘液、ヘドロ、ドロドロしたもの」です。

————-
それではまず文節に分けて日本語に訳し内容を理解して下さい。
————-

I
私は

have
持っている

an aversion
嫌悪感を

to eating
食べることに

raw and slimy food.
生でヌルヌルした食べ物を

————-
今度は「頭の中で」一行ずつ日本語に訳しながら…
————-

I

have

an aversion

to eating

raw and slimy food.

————-
次はいちいち日本語に訳さずに読んでみましょう。
————-

I
have
an aversion
to eating
raw and slimy food.

————-
では最後に日本語に訳さずにこの文章の情景を思い浮かべられるようになるまで繰り返し読んでみてください。目を閉じて暗唱できるようになったら完璧です。
————-

I
have
an aversion
to eating
raw and slimy food.

————-
Good job!
英語脳で読めましたね。今日も一歩、あなたはネイティブスピーカーに近づきました。おめでとう!
————-

毎日の継続が第一です

英語脳とは…

Homepage

バックナンバー
https://www.eigonou.net/magdisp/

編集:こばやし


The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)
あらゆるレベルの人に購読をオススメする英字新聞です




\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

6,000人以上が受講中です

無料購読はこちら

コメントを残す