英語脳メルマガ 第02998号 Never stop fighting until you arrive at your destined place – that is, the unique you の意味は?

Abdul kalam - File:Abdul kalam.jpg - Wikipedia" target="_blank">Photo By Abdul kalam - File:Abdul kalam.jpg - Wikipedia

英語脳メルマガ 第02998号 Never stop fighting until you arrive at your destined place – that is, the unique you の意味は?


今日も英語脳で英語を読む練習をしていきましょう!

一日一文“英語脳”で読む英語上達法
2017年6月22日(木)号
VOL.2998

本日の例文

インドの科学者・元大統領のアブドゥル・カラームの言葉です。

Never stop fighting until you arrive at your destined place – that is, the unique you. Have an aim in life, continuously acquire knowledge, work hard, and have perseverance to realise the great life.

今日の予習

arrive at ~
~にたどり着く

destined
音声
[デ]ス・ティンドゥ
運命づけられた,宿命の

that is
つまり、すなわち

unique
音声
ユー・[ニ]ーク
唯一無二の

aim
音声
[エ]イム
目標,目的,照準

continuously
音声
コン・[ティ]・ニュ・アス・リ
絶え間なく,継続的に

acquire
音声
アク・[ワ]イ・ァ
~を手にする,~を手に入れる

perseverance
音声
パー・セ・[ヴィ]ァ・ランス
粘り強さ,忍耐

realise
音声
[リ]ー・ア・ライズ
~を実現する


引用元:A. P. J. Abdul Kalam Quotes – BrainyQuote

Never stop fighting until you arrive at your destined place – that is, the unique you. Have an aim in life, continuously acquire knowledge, work hard, and have perseverance to realise the great life.
で「あなたが運命づけられた場所(すなわち、唯一無二のあなた)にたどり着くまで決して闘いをやめるな。人生に目標を持ち、継続的に知識を得、一生懸命働き、偉大な人生を実現するために粘り強さを持ちなさい。」という意味になります。

Never stop fighting で「決して戦うことをやめるな」です。
fight は「戦う、喧嘩する」という意味もありますが、「奮闘する、努力する」という意味合いも含まれます。

until you arrive at your destined place で「あなたの運命づけられた場所にたどり着くまで」です。
arrive at ~ で「~に着く、~にたどり着く」です。
destined place は「運命づけられた場所」です。
destine は「~を運命づける、~を目的地とする」です。
名詞形は、destination「目的地」ですね。

that is, the unique you は、直前の your destined place を受けて、「すなわち、唯一無二のあなた」です。
that is, は「すなわち、つまりは」という意味の言い回しです。

Have an aim in life で「人生に目標を持つ」です。
aim は動詞では「狙う、照準を定める」という意味です。

continuously acquire knowledge で「絶え間なく知識を得る」です。
acquire は「(努力して)手に入れる、獲得する」です。
例:acquire a good habit「良い習慣を身に着ける」、acquire a license「免許証を取得する」

have perseverance to realise the great life で「偉大な人生を実現するために粘り強さを持つ」です。
perseverance は「粘り強さ、忍耐力」です。
動詞形は、persevereパーセヴィアで「目的を貫く、やり抜く」です。
realiserealize とも書いて「~を実現する」という意味になります。

それではまず文節に分けて日本語に訳し内容を理解して下さい。

Never stop fighting
決して闘いをやめるな

until you arrive at your destined place
あなたの運命づけられた地にたどり着くまで

– that is,
つまり

the unique you.
唯一無二のあなた

Have an aim in life,
人生に目標を持ち

continuously acquire knowledge,
継続して知識を身に着け

work hard,
一生懸命働き

and have perseverance
そしてやり抜け

to realise the great life.
偉大な人生を実現するために

今度は「頭の中で」一行ずつ日本語に訳しながら…

Never stop fighting

until you arrive at your destined place

– that is,

the unique you.

Have an aim in life,

continuously acquire knowledge,

work hard,

and have perseverance

to realise the great life.

次はいちいち日本語に訳さずに読んでみましょう。

Never stop fighting
until you arrive at your destined place
– that is,
the unique you.
Have an aim in life,
continuously acquire knowledge,
work hard,
and have perseverance
to realise the great life.

では最後に日本語に訳さずにこの文章の情景を思い浮かべられるようになるまで繰り返し読んでみてください。目を閉じて暗唱できるようになったら完璧です。

Never stop fighting
until you arrive at your destined place
– that is,
the unique you.
Have an aim in life,
continuously acquire knowledge,
work hard,
and have perseverance
to realise the great life.

Good job!
英語脳で読めましたね。今日も一歩、あなたはネイティブスピーカーに近づきました。おめでとう!

復習:日本語から英語を思い出してみましょう。

決して闘いをやめるな

あなたの運命づけられた地にたどり着くまで

つまり

唯一無二のあなた

人生に目標を持ち

継続して知識を身に着け

一生懸命働き

そしてやり抜け

偉大な人生を実現するために

今日のつぶやき

アブドゥル・カラーム氏のことは今回初めて知りました。
元々はインド初の国産人工衛星打上げロケット成功に貢献した科学者・技術者で、
のちに2002年から2007年までインド大統領を務めました。
現在の科学技術大国インドの礎を作った人と言ってもいいかもしれません。

毎日の継続が第一です。
それではまた明日!

メルマガ/フェイスブック/twitterでも毎日購読できます。
https://www.eigonou.net/mailmagazine/
http://www.facebook.com/eigonounet
https://twitter.com/eigonounet
是非ご参加ください!

みんなの英語学習法
https://www.eigonou.net/category/toukoumethod/

英語脳とは…
https://www.eigonou.net/

バックナンバー
https://www.eigonou.net/backnumber/

編集:こばやし





\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

6,000人以上が受講中です

無料購読はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these <abbr title="HyperText Markup Language">HTML</abbr> tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA