英語脳メルマガ 第04226号 今週の復習 記憶定着 2020年10月25日~2020年10月31日分

https://www.flickr.com/photos/26344495@N05/14675769955

英語脳メルマガ 第04226号 今週の復習 記憶定着 2020年10月25日~2020年10月31日分


小林です

今週を振り返って記憶の定着を計りましょう。

一日一文“英語脳”で読む英語上達法
2020年11月1日(日)号
VOL.4226

復習:今週の例文

■月曜日
今日、帰宅したら、私たちが仕事に行っている間に、大嫌いな、夫の姉(妹)が家に入り込んで、何を思ったか私たちのベッドで昼寝をした。来てもいいかと尋ねることもなく、さらには、私の大好きなシーツに匂いのきつい生理の染みを残していった。謝罪もなく、洗おうとした形跡もない。私は彼女にカギを渡していない。F*ck my life!
Today, I came home to find my husband’s disgusting pig of a sister let herself in while we were at work and decided to take a nap in our bed. Not only did she not ask to visit, she left a huge smelly period stain on my favorite sheets. No apology, no attempt to clean up. I didn’t give her a key. FML
■火曜日
そうです、私でさえ、仕事やアイデアなどが、正直よくわからない所から自分を通して、やってくるようなこともあります。でもそれって何なのでしょう?また、私たちはそれとどうやって折り合いをつければいいのでしょう。頭がおかしくなるような方法ではなく、むしろ、正気を保ったままの状態でも、ひょっとしたら可能なのでは?
You know, even I have had work or ideas come through me from a source that I honestly cannot identify. And what is that thing? And how are we to relate to it in a way that will not make us lose our minds, but, in fact, might actually keep us sane?
■水曜日
COVID Alert NYという名のそのアプリは、全米でいまのところ各州で稼働中の10個のアプリの内の一つである。それらのアプリはGoogleとAppleの分散型の接触者追跡システムに基づいている。そのシステムは、プライバシーを守りながら、ウイルスの流行を取り押さえる効果的な新しい手段を保健当局に提供できるように開発された。
Called “COVID Alert NY,” the app is one of 10 currently active in states around the U.S. that are based on Google and Apple’s decentralized contact tracing system, which was developed to maintain privacy while also giving health authorities a potentially powerful new tool to clamp down on outbreaks of the virus.
■木曜日
私たちは貧しい人を助けたいと思うとき、よくチャリティーを行う。たいていの場合、私たちは問題を認識すること、解決方法を見つけることを避けるために、チャリティーを利用する。チャリティーは責任から脱するための手段になる。でもチャリティーは貧困を解決する手段ではない。チャリティーは貧しい人達から自発性を奪い取ることでただ貧困を永続させるだけだ。チャリティーは、貧しい人達の生活について心配しないで、自分自身の生活を続けさせてくれる。チャリティーは良心をなだめてくれる。
When we want to help the poor, we usually offer them charity. Most often we use charity to avoid recognizing the problem and finding the solution for it. Charity becomes a way to shrug off our responsibility. But charity is no solution to poverty. Charity only perpetuates poverty by taking the initiative away from the poor. Charity allows us to go ahead with our own lives without worrying about the lives of the poor. Charity appeases our consciences.
■金曜日
トランプ政権による、中国軍と繋がりのあるリスクの高い学生や研究者の徹底的なビザ取消と比較して、大学でのスパイ活動への日本の対応は、あまり顕著ではないことが多い。しかし、包括的なスパイ防止法がないことで『スパイ天国』などと揶揄される同国でも、もはや無関心ではいられなくなっている。
Compared to the Trump administration’s sweeping revocation of visas for “high-risk” students and researchers with suspected ties to the Chinese military, Japan’s response to campus spying has largely been muted. But even “spy heaven,” as the nation is often dubbed due to its lack of a comprehensive anti-espionage law, can no longer remain complacent.
■土曜日
3つ目に、エボラは都市部にはそれほど入らなかった。そしてそれはただ運が良かっただけだ。もしさらに多くの都市部に病気が入っていたら、患者数はより多くなっていたでしょう。
Third, it didn’t get into many urban areas. And that was just luck. If it had gotten into a lot more urban areas, the case numbers would have been much larger.

復習:今週の表現

came home to find ~
帰宅したら~だった
disgusting
大っ嫌いな
pig of ~
嫌な~
let oneself in
中に入る
a huge smelly period stain
匂いのする大きな生理の染み
honestly cannot identify
正直よくわからない
how are we to ~?
どうしたらよいのでしょう?
relate to ~
~とうまくやる、~と折り合いをつける
in a way that ~
~なやり方で
lose one’s minds
おかしくなる、正気を失う
in fact
いやむしろ、それどころか
might actually ~
ひょっとしたら~かもしれない
keep us sane
正気を保たせる
in states around the U.S.
全米の各州で
decentralized contact tracing system
分散型の接触追跡システム
maintain privacy
プライバシーを守る
health authorities
保健当局
clamp down on ~
~を取り締まる、~を弾圧する
offer them charity
彼らにチャリティーを施す
shrug off our responsibility
私たちの責任を逃れる
solution to poverty
貧困を解決する方法
perpetuate poverty
貧困を永続させる
take the initiative away from ~
~からその自発性を取り上げる
go ahead with our own lives
自分自身の人生を前に進める
appease our consciences
私たちの良心をなだめる
sweeping revocation of visas
徹底的なビザの取り消し
with suspected ties to ~
~との怪しいつながりを持つ
dubbed as ~
~とあだ名される
anti-espionage law
反スパイ法、スパイ防止法
remain complacent
無関心のままでいる、のうのうとしている

※単語の記憶には、発音とアクセントを覚えて「読める」ようになることが大切です。
どう発音するかわからない単語があったら各号の発音音声でしっかりマスターしておきましょう。

復習:日本語から英語を思い出してみましょう。

今日、
帰宅したら~に気付いた
大嫌いな、夫の姉(or妹)が
家に入ったことを
私たちが仕事に行っている間に
そして何を持ったか昼寝をしたことを
私たちのベッドで
~だけでなく
彼女は来てもいいかと聞かなかった
彼女は~を残していった
匂いのする巨大な生理の染みを
私のお気に入りのシーツに
謝罪もなし
洗おうともしていない
私は彼女にカギを渡していない
人生最悪だ!

そう、私でさえ
作品やアイデアがもたらされたことがある
自分を通して
~な発生源から
正直よくわからない
じゃあそれって何なのでしょう?
そしてどうやってそれと折り合いをつければいいのでしょう
~な方法で
気が狂うような方法じゃなく
いやむしろ
ひょっとしたら正気を保ったままのやり方(もあるのでは?)

COVID Alert NYという名の
そのアプリは
現在稼働中の10個のアプリのうちの一つだ
各州で
全米の
(それらは)~に基づいている
GoogleとAppleの分散型の接触追跡システムに
(そのシステムは)開発された
プライバシーを守り(つつ)
同時に
保健所に~を提供する
生来的に効果が見込める新たな手段を
ウイルスの大発生を取り締まるための

貧しい人を助けたいと思うとき
私たちはよくチャリティーを行う
大抵の場合
私たちは~を避けるためにチャリティーを利用する
問題を認識することを
また彼らのために解決法を見つけることを
チャリティーは~の手段になる
責任を逃れるための
しかしチャリティは貧困を解決できる方法ではない
チャリティーは貧困を長引かせるだけだ
貧しい人たちから自発性を取り上げることによって
チャリティーは私たちに自分自身の人生を送らせてくれる
貧しい人たちの人生について心配すること無しに
チャリティーは良心をなだめてくれる

~と比較すると
トランプ政権の徹底的な~の取り消しと
リスクの高い学生や研究者のビザの(取り消し)
中国軍との疑わしいつながりを持った(学生や研究者)
大学でのスパイ活動への日本の対応は
大まかに言って控えめだった
しかしこのスパイ天国でさえも
同国がよく(そのように)あだ名されるように
スパイ防止法がないせいで
もはやのうのうとはしていられない

3つ目に
エボラは多くの都市部には入らなかった
そしてそれはただラッキーだった
もしさらに多くの都市部に入っていたら
その患者数ははるかに多かっただろう

————-

毎日の継続が第一です。
それではまた明日!

メルマガ/フェイスブック/twitterでも毎日購読できます。
http://www.eigonou.net/mailmagazine/
http://www.facebook.com/eigonounet
https://twitter.com/eigonounet
是非ご参加ください!

みんなの英語学習法
http://www.eigonou.net/category/toukoumethod/

英語脳とは…
http://www.eigonou.net/

バックナンバー
http://www.eigonou.net/backnumber/

編集:こばやし





\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

6,000人以上が受講中です

無料購読はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these <abbr title="HyperText Markup Language">HTML</abbr> tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA