英語脳メルマガ 第00460号 英語脳 He was privy to の意味は?

一日一文“英語脳”で読む英語上達法
VOL.460

皆さんお疲れ様です。
今日も英語脳で英語を読む練習をしましょう。

■本日の例文
He was privy to even the most highly classified information.

————-
今日の予習
————-

□privy
音声プリビー
内情に通じた, 内々に関与している

□highly
音声ハイリ
高度に, 非常に

□classify
音声クラシファイ
~を分類する, [情報・文書などを]機密扱いにする


privy は「プライベートな内容を知らされた」という意味合いです。
private プライベート と同じ語源ですね。
Privy Council「枢密院」

classified information で「機密情報」です。
classify は「分類する」という意味ですが、この場合のように「(機密情報に)分類された情報」という意味合いでも使われます。
sensitive infomation 「機密情報」も同じ意味です。
sensitive は「繊細な、敏感な」という意味ですので「繊細に扱う必要のある」という意味ですね。

————-
それではまず文節に分けて日本語に訳し内容を理解して下さい。
————-

He
彼は

was privy
(内々の機密に)通じていた

to even
~にでさえ

the most highly classified information.
もっとも高度な機密情報(にでさえ)

————-
今度は「頭の中で」一行ずつ日本語に訳しながら…
————-

He

was privy

to even

the most highly classified information.

————-
次はいちいち日本語に訳さずに読んでみましょう。
————-

He
was privy
to even
the most highly classified information.

————-
では最後に日本語に訳さずにこの文章の情景を思い浮かべられるようになるまで繰り返し読んでみてください。
————-

He
was privy
to even
the most highly classified information.

————-
Good job!
英語脳で読めましたね。今日も一歩、あなたはネイティブスピーカーに近づきました。おめでとう!
————-

毎日の継続が第一です

英語脳とは…

Homepage

バックナンバー
http://eigonou.net/magdisp/

編集:こばやし


The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)
あらゆるレベルの人に購読をオススメする英字新聞です




\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

6,000人以上が受講中です

無料購読はこちら