スーザン・ケイン

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Susan_Cain_(34209865343).jpg

英語脳メルマガ 第03567号 And it went like this: “R-O-W-D-I-E, that’s the way we spell rowdie. の意味は?


今日も英語脳で英語を読む練習をしていきましょう!

一日一文“英語脳”で読む英語上達法
2019年1月12日(土)号
VOL.3567

本日の例文

スーザン・ケイン氏によるTEDでのスピーチ「内向的な人が秘めている力」です。

And it went like this: “R-O-W-D-I-E, that’s the way we spell rowdie. Rowdie, rowdie, let’s get rowdie.” Yeah. So I couldn’t figure out for the life of me why we were supposed to be so rowdy, or why we had to spell this word incorrectly.

今日の予習

go like this
こんな風になります

that’s the way ~
~はそういうもんだ

spell
音声
ス[ペ]ォ
~をつづる、スペリングする

rowdy
音声
[ラ]ウ・ディ
騒ぎ立てるような、騒々しい

get rowdy
うるさくする

figure out
~を理解する、~を解明する

for the life of me
どうしても(~ない)

suppose
音声
サ・[ポ]ウズ
~と推定する、~だと思う

be supposed to ~
~することになっている

incorrectly
音声
イン・コ・[レ]クトゥ・リィ
間違って、不正確に


引用元:The power of introverts – TED

And it went like this: “R-O-W-D-I-E, that’s the way we spell rowdie. Rowdie, rowdie, let’s get rowdie.” Yeah. So I couldn’t figure out for the life of me why we were supposed to be so rowdy, or why we had to spell this word incorrectly.
で「そして、それはこんな風にやるのです。”R-O-W-D-I-E, こうやって綴るんだよ。rowdie. Rowdie, rowdie, ラウディになろう!” はい。まあ、私にはなぜそんなに騒がしくしなきゃいけないのかどうしても理解できませんでした。というか、なんで間違った綴り方をしなきゃいけないのかもわかりませんでした。」という意味になります。

前回の文を確認したい方はこちらから。
http://www.eigonou.net/backnumber/03560/

この文章で登場する「Rowdie」は、子供から大人まで知ってるポピュラーなチアのようですね。
https://www.youtube.com/watch?v=j1KfoP4ooBs

And it went like this: で「そしてそれはこんな風になります」です。
go like this で「こんなふうに進む」です。
主語の it the cheer(そのチアダンス)を指しています。
この場合の go は、歌やことわざなどが「進行する、歌われている」という意味合いです。
例:as the song goes「歌にあるように」

歌の部分はぜひ動画で確認してみてください。

that’s the way we spell rowdie で「私たちはこうやって綴るんだ」という意味合いです。
that’s the way ~ で「こんな風にするんだ」という意味の言い回しです。
自分たちの習慣やあり方などを主張したい時に使う表現です。
例:That’s the way boys are!「男の子ってそんなもんさ」、That’s the way I am.「私はそういう人間です」

let’s get rowdie で「ラウディになろう」です。
rowdierowdy のオリジナルの綴り方ということになりますね。
rowdy ラウディは「騒々しい、乱暴な」という意味の形容詞(adjective)です。
get rowdy で「うるさくする、騒がしくする」という意味になります。
get ~ で「~になる」という意味が作れます。
例:get rich「裕福になる」、get better「良くなる」

Yeah. So ~ で「えぇ、まあそんなわけで」です。
この場合の So は、文頭に置きさりげなく話題を変えたり相手の注意を引きたい時の表現です。

I couldn’t figure out for the life of me ~ で「私にはどうしても~を理解できなかった」です。
figure out は「理解する、解明する」という意味の句動詞(phrasal verb)です。
not ~ for the life of me は「どうしても(しない)」という意味の慣用句です。
「私の命に代えても(しない)」という意味合いです。

何を理解できなかったのかというと
why we were supposed to be so rowdy で「なぜ私たちはそんなに騒々しくしなきゃいけないのか」です。
be supposed to ~ は「~することになっている、~するべきと思われている、~するはずだ」という意味の言い回しです。
「あなたがそれをするのは当たり前だと世の中から思われている」という意味です。
例:She’s supposed to be here.「彼女はここに来ることになっている」、It’s supposed to be a secret.「それは秘密にしておかなければならない。」

or why we had to spell this word incorrectly. で「または、なぜこの言葉を間違って綴らなければならないのか」です。

それではまず文節に分けて日本語に訳し内容を理解して下さい。

And it went like this:
そしてそれはこんなふうにやります

“R-O-W-D-I-E, that’s the way we spell rowdie.
R-O-W-D-I-E, こうやって綴るんだよ

Rowdie, rowdie, let’s get rowdie.”
rowdie. Rowdie, rowdie, ラウディになろう

Yeah. So
えぇ、そんなわけで

I couldn’t figure out for the life of me
私にはどうしても理解できませんでした

why we were supposed to be so rowdy,
なぜそんなに騒々しくしなきゃいけないのか

or why we had to spell this word incorrectly.
またなぜこの言葉を間違って綴らなければならないのか

今度は「頭の中で」一行ずつ日本語に訳しながら…

And it went like this:

“R-O-W-D-I-E, that’s the way we spell rowdie.

Rowdie, rowdie, let’s get rowdie.”

Yeah. So

I couldn’t figure out for the life of me

why we were supposed to be so rowdy,

or why we had to spell this word incorrectly.

次はいちいち日本語に訳さずに読んでみましょう。

And it went like this:
“R-O-W-D-I-E, that’s the way we spell rowdie.
Rowdie, rowdie, let’s get rowdie.”
Yeah. So
I couldn’t figure out for the life of me
why we were supposed to be so rowdy,
or why we had to spell this word incorrectly.

では最後に日本語に訳さずにこの文章の情景を思い浮かべられるようになるまで繰り返し読んでみてください。目を閉じて暗唱できるようになったら完璧です。

And it went like this:
“R-O-W-D-I-E, that’s the way we spell rowdie.
Rowdie, rowdie, let’s get rowdie.”
Yeah. So
I couldn’t figure out for the life of me
why we were supposed to be so rowdy,
or why we had to spell this word incorrectly.

Good job!
英語脳で読めましたね。今日も一歩、あなたはネイティブスピーカーに近づきました。おめでとう!

復習:日本語から英語を思い出してみましょう。

そしてそれはこんなふうにやります

R-O-W-D-I-E, こうやって綴るんだよ

rowdie. Rowdie, rowdie, ラウディになろう

えぇ、そんなわけで

私にはどうしても理解できませんでした

なぜそんなに騒々しくしなきゃいけないのか

またなぜこの言葉を間違って綴らなければならないのか

今日のつぶやき

今日の学習メモ
★多読:
The Giver (Lois Lowry)(27ページ)
https://amzn.to/2Bz1dXR
MBA速読英語マーケティング(3-3)
https://amzn.to/2L6EeaG
★スピーキング:
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング(Part3)
https://amzn.to/2Tj9YNT
★ボキャビル:
究極の英単語アプリ 超上級3000語
英検1級でた単完全版アプリ
メルマガ発行
★その他:
初めて出会った言葉
reel リーォ「よろめく、後ずさりする、ふらつく」

毎日の継続が第一です。
それではまた明日!

メルマガ/フェイスブック/twitterでも毎日購読できます。
http://www.eigonou.net/mailmagazine/
http://www.facebook.com/eigonounet
https://twitter.com/eigonounet
是非ご参加ください!

みんなの英語学習法
http://www.eigonou.net/category/toukoumethod/

・p語脳とは…
http://www.eigonou.net/

バックナンバー
http://www.eigonou.net/backnumber/

編集:こばやし





\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

6,000人以上が受講中です

無料購読はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these <abbr title="HyperText Markup Language">HTML</abbr> tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA