スーザン・ケイン

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Susan_Cain_(34209865343).jpg

英語脳メルマガ 第03917号 And why are we making these introverts feel so guilty… の意味は?


今日も英語脳で英語を読む練習をしていきましょう!

一日一文“英語脳”で読む英語上達法
2019年12月28日(土)号
VOL.3917

本日の例文

スーザン・ケイン氏によるTEDでのスピーチ「内向的な人が秘めている力」です。

And why are we making these introverts feel so guilty about wanting to just go off by themselves some of the time? One answer lies deep in our cultural history.

今日の予習

make ~ feel …
~を…な気持ちにさせる

guilty
音声
[ギ]ル・ティ
罪悪感のある、後ろめたい

go off by oneself
一人になる、一人で離れる

some of the time
時には

lie in ~
(答えや問題などが)~にある

cultural
音声
[カ]ル・チュ・ラォ
文化的な


引用元:The power of introverts – TED

And why are we making these introverts feel so guilty about wanting to just go off by themselves some of the time? One answer lies deep in our cultural history.
で「また、なぜ私たちはこれらの内向型の人たちにこんなに後ろめたい気持ちにさせているのでしょうか。ただ時々一人になりたいと思うだけなのにです。その一つの答えは私たちの文化的な歴史の深いところにあります。」という意味になります。

前回の文を確認したい方はこちらから。
http://www.eigonou.net/backnumber/03910/

why are we making these introverts feel so guilty で「なぜ、私たちは~させているのか、これらの内向型の人に、そんなに後ろめたい気持ちに」です。
make ~ feel … で「~を…な気持ちにさせる」という意味になります。
使役動詞の make ですね。後ろには動詞の原形がきます。
例:make me feel good「私を気分良くさせる」、What made you think so?「なんでそう思ったの?」
these introverts で「これらの内向型の人たち」です。
feel so guilty で「そんなにも後ろめたい気持ちである」です。

about wanting to just go off by themselves で「ただ一人になりたいということについて」です。
feel guilty about ~ で「~について後ろめたく感じる」です。
go off by themselves で「一人になる」ですね。
go off は「離れていく」、by oneself で「一人で」です。

some of the time で「時には、時々」です。
微妙なニュアンスの違いはあるようですが。。
sometimes, at times などとほぼ同じ意味です。

One answer lies deep in our cultural history. で「一つの答えは~の深くにある、我々の文化的歴史の中に」です。
lie in ~ で「(真実や答え、問題などが)~にある」という意味の言い回しです。
例:The problem lies in the fact that ~「その問題は~という事実にある」
lie ライは「横たわる、置いてある、置かれている」という意味の動詞です。
lie in ~ の間に副詞 deep が挿入されて、lie deep in ~ となっています。

それではまず文節に分けて日本語に訳し内容を理解して下さい。

And why are we making
そしてなぜ我々は~させているのか

these introverts
これらの内向型の人たちに

feel so guilty
そんなに後ろめたい気持ちに

about wanting to
~したいと思うことについて

just go off by themselves
ただ一人になりたいと

some of the time?
時には

One answer
その一つの答えは

lies deep in
~に深いところにある

our cultural history.
私たちの文化的な歴史のなかの

今度は「頭の中で」一行ずつ日本語に訳しながら…

And why are we making

these introverts

feel so guilty

about wanting to

just go off by themselves

some of the time?

One answer

lies deep in

our cultural history.

次はいちいち日本語に訳さずに読んでみましょう。

And why are we making
these introverts
feel so guilty
about wanting to
just go off by themselves
some of the time?
One answer
lies deep in
our cultural history.

では最後に日本語に訳さずにこの文章の情景を思い浮かべられるようになるまで繰り返し読んでみてください。目を閉じて暗唱できるようになったら完璧です。

And why are we making
these introverts
feel so guilty
about wanting to
just go off by themselves
some of the time?
One answer
lies deep in
our cultural history.

Good job!
英語脳で読めましたね。今日も一歩、あなたはネイティブスピーカーに近づきました。おめでとう!

復習:日本語から英語を思い出してみましょう。

そしてなぜ我々は~させているのか

これらの内向型の人たちに

そんなに後ろめたい気持ちに

~したいと思うことについて

ただ一人になりたいと

時には

その一つの答えは

~に深いところにある

私たちの文化的な歴史のなかの

今日のつぶやき

今日の学習メモ
★多読:
The 7 habits of highly effective people(15%読了)
https://amzn.to/36qKhjY
MBA速読英語マーケティング(3-14)
https://amzn.to/2L6EeaG
★スピーキング・リーディング:
ポッドキャスト Coach Shane Easy English Expression(第750回)
http://dailyeasyenglish.libsyn.com/
ABA English(アプリ)(Begginers Unit4)
https://www.abaenglish.com/en/
★ボキャビル:
英検1級でた単完全版アプリ
メルマガ発行
★その他:
初めて出会った言葉
plasmodium プラス[モゥ]ディウム「マラリア原虫」

毎日の継続が第一です。
それではまた明日!

メルマガ/フェイスブック/twitterでも毎日購読できます。
http://www.eigonou.net/mailmagazine/
http://www.facebook.com/eigonounet
https://twitter.com/eigonounet
是非ご参加ください!

みんなの英語学習法
http://www.eigonou.net/category/toukoumethod/

英語脳とは…
http://www.eigonou.net/

バックナンバー
http://www.eigonou.net/backnumber/

編集:こばやし





\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

6,000人以上が受講中です

無料購読はこちら

2 Comments

  1. Reply

    英語初学者です。
    細かいことですが、以下はtypoだと思います。

    some of the time で「時には、時々」です。
    微妙なニュアンスの違いはあるようですが。。
    sometimws, at times などとほぼ同じ意味です。
    ^^^^^^^^^^^ sometimes?

    • Reply

      ご報告ありがとうございます。
      修正させていただきました!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these <abbr title="HyperText Markup Language">HTML</abbr> tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA