英語脳メルマガ 第03988号 今週の復習 記憶定着 2020年3月2日~2020年3月7日分

https://pxhere.com/en/photo/1236086

英語脳メルマガ 第03988号 今週の復習 記憶定着 2020年3月2日~2020年3月7日分


小林です

今週を振り返って記憶の定着を計りましょう。

一日一文“英語脳”で読む英語上達法
2020年3月8日(日)号
VOL.3988

復習:今週の例文

■月曜日
今日、彼女にプロポーズした。返事はOKだったが、指輪が彼女の指にはかなりきついことが分かった。彼女は、何一つまともにできやしないと私をこっぴどく叱りつけて、プロポーズの返答をNOに変更した。F*ck my life!
Today, I proposed to my girlfriend. She said yes, but the ring turned out to be quite tight on her finger. She then chewed me out, saying that I can’t do anything right, then changed her answer to no. FML
■火曜日
そして今日ここで皆さんに聞いてみたい質問があります。皆さんはそのような考え方に対して平気なのですか?何か違和感を感じませんか?
And the question that I want to ask everybody here today is are you guys all cool with that idea? Are you comfortable with that?
■水曜日
そのロボットは人間のような顔と、ジェスチャーで情熱らしきものを込めて表現する手と前腕を持ち、同時に、上下に跳ねて回転する。シャールジャ首長国での渋谷慶一郎氏の歌曲『Scary Beauty』の生演奏の中で。
The robot has a humanoid face, hands and lower arms, which gesticulate with what could pass for passion as it bounces up and down and rotates during the live performance of Keiichiro Shibuya’s opera “Scary Beauty” in the Emirate of Sharjah.
■木曜日
人間であることはすなわち劣等感を有することである。その劣等感は、それ自体の克服に向けて常に進んでいく。経験してきた劣等感が大きければ大きいほど、克服しようとする衝動は強烈になり、感情的な掻き立てはますます激しくなる。
To be a human being means to possess a feeling of inferiority which constantly presses towards its own conquest. The greater the feeling of inferiority that has been experienced, the more powerful is the urge for conquest and the more violent the emotional agitation.
■金曜日
新年の幸福や収穫を願って参拝客や式典でいっぱいの、このようなお祭りは時に火を伴い、また雪に関するものも多い。日本の現代の雪まつりにはだいたい、たくさんの彫刻や滑り台などのアトラクションが伴う。
Filled with prayers and rituals for good fortune and harvest in the year ahead, these festivals sometimes involve fire and they often involve snow. Japan’s modern-day snow festivals usually include a plethora of sculptures, slides and other attractions.u
■土曜日
しかし私が言いたいのは、内向型の人たちに自分らしくいる自由をもっと与えれば与えるほど、彼らがこれらの問題への独自の解決法を考えつく可能性が高まる、といういことなのです。
But I am saying that the more freedom that we give introverts to be themselves, the more likely that they are to come up with their own unique solutions to these problems.

復習:今週の表現

propose to ~
~にプロポーズする
turned out to be ~
結局~だということが分かった
chewed me out
私をがみがみ叱りつけた
can’t do anything right
何一つまともにできない
you guys all
皆さん
be cool with ~
~が平気だ
comfortable with ~
~に違和感を感じない
lower arms
前腕
gesticulate
ジェスチャーで表現する
pass for ~
~で通用する
bounce up and down
上下に飛び跳ねる
the Emirate of Sharjah
シャールジャ首長国
feeling of inferiority
劣等感
press toward ~
~に向けて推し進める
its own conquest
それ自体の克服
urge for conquest
克服への衝動
emotional agitation
感情的な扇動
good fortune and harvest
幸運と収穫
in the year ahead
この先の一年の
a plethora of ~
ふんだんな~
I am saying that ~
私が言いたいのは~ということ
be oneself
ありのままでいる、自分らしくいる
be likely to ~
~する可能性が高い
come up with ~
~を思いつく

※単語の記憶には、発音とアクセントを覚えて「読める」ようになることが大切です。
どう発音するかわからない単語があったら各号の発音音声でしっかりマスターしておきましょう。

復習:日本語から英語を思い出してみましょう。

今日、
彼女にプロポーズした
彼女はYesと言ったが
指輪が~だと分かった
彼女の指にかなりきついことが
彼女はそのあと私を叱りつけた
~と言って
私が何一つまともにできないと
プロポーズの答えをNoに変えた
人生最悪だ!

そして~な質問
私が今日皆さんに聞きたい(質問は)
皆さんはそのような考え方に対して平気なのですか?
何か気になりませんか?

そのロボットは~を持っている
人間のような顔と、手と前腕を
(それは)ジェスチャーで表現する
情熱として通用しそうなものを込めて
~しながら
そのロボットが上下に飛び跳ねて回転しながら
渋谷慶一郎氏の歌曲『Scary Beauty』の生演奏中に
シャールジャ首長国での

人間であることは
~を意味する
劣等感を持つことを
(その劣等感は)それ自体を克服する方向に押し進む
~がより大きければ
劣等感が
経験されてきた
より強力になる
克服への衝動は
そしてより激しくなる
その感情の煽り立てが

参拝客や式典でいっぱいで
幸運や収穫を祈っての
その年の
これらのお祭りは時に火を伴う
そして雪もよく伴う
日本の現代の雪まつりは
大抵は~を伴う
ふんだんな彫刻や
滑り台やその他のアトラクションを

しかし私の言いたいのは~ということです
もっと~する自由を与えれば
私たちが内向型の人たちに
ありのままでいられる(自由を)
~な可能性が高まる
彼らが~する
~を思いつく
彼ら独自の解決法
これらの問題に対する

————-

毎日の継続が第一です。
それではまた明日!

メルマガ/フェイスブック/twitterでも毎日購読できます。
http://www.eigonou.net/mailmagazine/
http://www.facebook.com/eigonounet
https://twitter.com/eigonounet
是非ご参加ください!

みんなの英語学習法
http://www.eigonou.net/category/toukoumethod/

英語脳とは…
http://www.eigonou.net/

バックナンバー
http://www.eigonou.net/backnumber/

編集:こばやし





\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

6,000人以上が受講中です

無料購読はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these <abbr title="HyperText Markup Language">HTML</abbr> tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA