英語脳メルマガ 第04172号 And she said it was like a thunderous train of air. の意味は?

https://www.ted.com/talks/elizabeth_gilbert_on_genius

今日も英語脳で英語を読む練習をしていきましょう!

一日一文“英語脳”で読む英語上達法
2020年9月8日(火)号
VOL.4172

本日の例文

エリザベス・ギルバート氏によるTEDスピーチ「創造性をはぐくむには」です。

And she said it was like a thunderous train of air. And it would come barreling down at her over the landscape. And she felt it coming, because it would shake the earth under her feet. She knew that she had only one thing to do at that point, and that was to, in her words, “run like hell.”

今日の予習

thunderous
音声
[サ]ン・ダ・ラス
雷のような、とどろきわたる

a train of ~
一連の~、一続きの~

barrel down
(車が)猛スピードで突っ走る

barrel
音声
[バ]・レォ
たる、銃身、車を飛ばす

over the landscape
風景をこえて

shake the earth
大地を揺らす

had only one thing to do
やることは一つしかなかった

at that point
その時点では、あの時、当時は

~ like hell
死に物狂いで~する


引用元:Your elusive creative genius – TED

And she said it was like a thunderous train of air. And it would come barreling down at her over the landscape. And she felt it coming, because it would shake the earth under her feet. She knew that she had only one thing to do at that point, and that was to, in her words, “run like hell.”
で「そして彼女によると、それは、とどろき渡る一連の空気のようだったそうです。そしてそれは景色の向こうから彼女めがけて突進してきました。彼女はそれが今来ていると感じました。なぜならそれが足元の大地を揺らしていたから。彼女にはその時点で、やることは一つしかありませんでした。それは、彼女の言葉を借りると『死に物狂いで走ること』でした。」という意味になります。

前回の文を確認したい方はこちらから。
http://www.eigonou.net/backnumber/04165/

And she said ~ で「そして彼女は~といった」です。
she とはアメリカの詩人 Ruth Stone の事です。

(that) it was like a thunderous train of air. で「それは~のようだった、とどろく一連の空気」です。
a train of air で「一続きの空気」です。
train はここでは電車ではなく「ひとつづきのもの、連なり」という意味になります。
例:a train of events「一連の出来事」
thunderous [サ]ンダラスは thunder「雷」の形容詞形で「雷のようにとどろく」です。

And it would ~ で「そしてそれは~したものだった」です。
この would は過去の短期的な習慣を意味します。
come barreling down at her over the landscape. で「彼女に向って突進してくる、風景を超えて」です。
come ~ing で「~しながらやってくる」という意味の言い回しです。
例:come flooding in ~「殺到する、どっと押し寄せる」、come flying at ~「~めがけて飛んでくる」
barrel down は「突進する、猛スピードで突っ走る」という意味の慣用句です。
例:barrel down the expressway「高速道路を猛スピードで突っ走る」
over the landscape で「広がる風景の向こうから」です。
over ~ は「~の上を超えて」という意味合いです。
the landscape とはルース・ストーンが子供時代に育ったバージニアの田舎の田園風景です。

And she felt it coming「そして彼女はそれが来ていると感じた」

fell ~ … で「~が…するのを感じる」で知覚動詞の用法です。
例:see him play「彼がプレイするのを見る」
ふつうは…には動詞の原形が来ますが、今回のように coming と進行形が来ることもあります。
その場合は「今~しているのを感じる」という意味になります。
And she felt it coming「そして彼女はそれが来ていると感じた」う意味になります。

She knew that ~ で「彼女は~だと知っていた」
(that) she had only one thing to do at that point で「彼女はやることは一つしかない、その当時」です。
have only one thing to do で「やることは一つしかない」です。
at that point で「その当時、その時」です。

and that was to, in her words, “run like hell.” で「そしてそれは~すること、彼女の言葉で言うと、死に物狂いで走ること」です。

それではまず文節に分けて日本語に訳し内容を理解して下さい。

And she said
彼女は言った

it was like a thunderous train of air.
それは轟き渡る空気の連なりのようなものだったと

And it would come barreling down at her
そしてそれは彼女目欠けてもう突進してきたと

over the landscape.
広がる風景を超えて

And she felt it coming,
そして彼女はそれが来ていることを感じた

because it would shake the earth under her feet.
それが足元の大地を揺らしたから

She knew that
彼女は分かっていた

she had only one thing to do
やることは一つしかないと

at that point,
その当時

and that was to,
それは~することだった

in her words,
彼女の言葉を借りれば

“run like hell.”
死に物狂いで走ること

今度は「頭の中で」一行ずつ日本語に訳しながら…

And she said

it was like a thunderous train of air.

And it would come barreling down at her

over the landscape.

And she felt it coming,

because it would shake the earth under her feet.

She knew that

she had only one thing to do

at that point,

and that was to,

in her words,

“run like hell.”

次はいちいち日本語に訳さずに読んでみましょう。

And she said
it was like a thunderous train of air.
And it would come barreling down at her
over the landscape.
And she felt it coming,
because it would shake the earth under her feet.
She knew that
she had only one thing to do
at that point,
and that was to,
in her words,
“run like hell.”

では最後に日本語に訳さずにこの文章の情景を思い浮かべられるようになるまで繰り返し読んでみてください。目を閉じて暗唱できるようになったら完璧です。

And she said
it was like a thunderous train of air.
And it would come barreling down at her
over the landscape.
And she felt it coming,
because it would shake the earth under her feet.
She knew that
she had only one thing to do
at that point,
and that was to,
in her words,
“run like hell.”

Good job!
英語脳で読めましたね。今日も一歩、あなたはネイティブスピーカーに近づきました。おめでとう!

復習:日本語から英語を思い出してみましょう。

彼女は言った

それは轟き渡る空気の連なりのようなものだったと

そしてそれは彼女目欠けてもう突進してきたと

広がる風景を超えて

そして彼女はそれが来ていることを感じた

それが足元の大地を揺らしたから

彼女は分かっていた

やることは一つしかないと

その当時

それは~することだった

彼女の言葉を借りれば

死に物狂いで走ること

今日のつぶやき

今日の学習メモ
★多読:
The 7 habits of highly effective people(81%)
https://amzn.to/36qKhjY
MBA速読英語マーケティング(3-30)
https://amzn.to/2L6EeaG
★スピーキング・リスニング:
英検1級過去問リスニング
ポッドキャスト Coach Shane Easy English Expression(第750回)
http://dailyeasyenglish.libsyn.com/
Elevate – Brain Training
https://apps.apple.com/jp/app/elevate-brain-training/id875063456
ABA English(アプリ)(Begginers Unit4)
https://www.abaenglish.com/en/
★ボキャビル:
メルマガ発行
★その他:
初めて出会った言葉
kith キス「知人」
obnubilate アブ[ヌ]ビレイトゥ「曇らせる、曖昧にする」
umbrage [ア]ンブリジ「立腹、憤り、不快」

毎日の継続が第一です。
それではまた明日!

メルマガ/フェイスブック/twitterでも毎日購読できます。
http://www.eigonou.net/mailmagazine/
http://www.facebook.com/eigonounet
https://twitter.com/eigonounet
是非ご参加ください!

みんなの英語学習法
http://www.eigonou.net/category/toukoumethod/

英語脳とは…
http://www.eigonou.net/

バックナンバー
http://www.eigonou.net/backnumber/

編集:こばやし


The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)
あらゆるレベルの人に購読をオススメする英字新聞です




\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

6,000人以上が受講中です

無料購読はこちら

コメントを残す