英語脳メルマガ 第04421号 They all finished college during World War II, の意味は?

https://www.ted.com/talks/robert_waldinger_what_makes_a_good_life_lessons_from_the_longest_study_on_happiness/transcript

今日も英語脳で英語を読む練習をしていきましょう!

一日一文“英語脳”で読む英語上達法
2021年5月15日(土)号
VOL.4421

本日の例文

ロバートJ.ウォルディンガー氏によるTEDでのスピーチ「人生を幸せにするのは」です。

They all finished college during World War II, and then most went off to serve in the war. And the second group that we’ve followed was a group of boys from Boston’s poorest neighborhoods,

今日の予習

finish college
大学を出る、大学を卒業する

go off
~に出かける、~に出発する

serve in the war
戦争に従軍する

serve
音声
[サ]ーヴ
~に奉仕する、~の役目を果たす、従軍する

follow
音声
[フォ]・ロゥ
~を追跡する、追い掛ける

poorest
音声
[プ]ア・レストゥ
poor「貧しい」の最上級「最貧の」

neighborhoods
音声
[ネ]イ・バー・フズ
近隣地域、地区


引用元:What makes a good life? – TED

They all finished college during World War II, and then most went off to serve in the war. And the second group that we’ve followed was a group of boys from Boston’s poorest neighborhoods,
で「彼らはみんな第二次世界大戦中に大学を出て、その後、そのほとんどが戦争に行きました。そして、私たちが追跡調査した2つめのグループは、ボストンの最貧地区の少年たちのグループでした。」という意味になります。

前回の文を確認したい方はこちらから。
http://www.eigonou.net/backnumber/04414/

They all finished college during World War II, で「彼は全員、大学を出た、第二次世界大戦中に」です。
finish college で「大学を出る、卒業する」という意味の言い回しです。
graduate college とも言い換えられます。
World War II で「第二次世界大戦」です。WW2 と略されることも多いです。

and then「そしてその後、」
most went off to serve in the war. で「そのほとんどが、出かけていった、従軍するために」です。
most が主語になります。most of them「その学生たちのほとんど」の略と考えるとしっくりきます。
このように most, many, few, a third などの数量詞の後の名詞が省略されるパターンはよく目にします。
他にも、some, those なども同じパターンです。
慣れていないと読解の中で混乱を招くこともあるのでよく理解しておきましょう。
参考:英文中で「people」が省略されるパターン|知らないと損をする英文リーディングの話
https://english-reading.net/2019/09/18/people-shouryaku/
serve は「奉仕する」です。ここでは軍隊に奉仕で「従軍する」という意味になります。
例:serviceman「軍人」

And「そして」
the second group that we’ve followed で「第二のグループ、私たちが追跡調査してきた」です。
follow は「後を追う、追跡調査する」です。
前回出てきた track の言い換えですね。

was a group of boys で「は~だった、少年たちのグループ」です。
どんな少年たちかというと、
boys from Boston’s poorest neighborhoods, で「ボストンの最貧地区出身の(少年たち)」です。
poorest neighborhoods で「最貧地区」です。
neighborhood で「近所、近隣」です。
複数の -s がついて「(都市・町の中の一つの)地域、区域」という意味になります。

それではまず文節に分けて日本語に訳し内容を理解して下さい。

They all
彼らは皆

finished college
大学を出た

during World War II,
第二次世界大戦中に

and then
そしてその後

most
そのほとんどが

went off to serve in the war.
戦争に出兵した

And the second group
そして第二のグループは

that we’ve followed
私たちが追跡調査してきた

was a group of boys
は少年たちのグループだった

from Boston’s poorest neighborhoods,
ボストンの最貧地区出身の

今度は「頭の中で」一行ずつ日本語に訳しながら…

They all

finished college

during World War II,

and then

most

went off to serve in the war.

And the second group

that we’ve followed

was a group of boys

from Boston’s poorest neighborhoods,

次はいちいち日本語に訳さずに読んでみましょう。

They all
finished college
during World War II,
and then
most
went off to serve in the war.
And the second group
that we’ve followed
was a group of boys
from Boston’s poorest neighborhoods,

では最後に日本語に訳さずにこの文章の情景を思い浮かべられるようになるまで繰り返し読んでみてください。目を閉じて暗唱できるようになったら完璧です。

They all
finished college
during World War II,
and then
most
went off to serve in the war.
And the second group
that we’ve followed
was a group of boys
from Boston’s poorest neighborhoods,

Good job!
英語脳で読めましたね。今日も一歩、あなたはネイティブスピーカーに近づきました。おめでとう!

復習:日本語から英語を思い出してみましょう。

彼らは皆

大学を出た

第二次世界大戦中に

そしてその後

そのほとんどが

戦争に出兵した

そして第二のグループは

私たちが追跡調査してきた

は少年たちのグループだった

ボストンの最貧地区出身の

今日のつぶやき

今日の学習メモ
★多読:
You Are a Badass – by Jen Sincero(18%)
https://amzn.to/3mZCkLs
★スピーキング・リスニング:
Elevate – Brain Training
https://apps.apple.com/jp/app/elevate-brain-training/id875063456
英検1級過去問リスニング
★ボキャビル:
メルマガ発行
英検1級 文で覚える単熟語
https://amzn.to/34w6BtY
★その他:
初めて出会った言葉
natal [ネ]イトォ「出生の、生まれついた、おしりの」
natality「出生率」

毎日の継続が第一です。
それではまた明日!

メルマガ/フェイスブック/twitterでも毎日購読できます。
http://www.eigonou.net/mailmagazine/
http://www.facebook.com/eigonounet
https://twitter.com/eigonounet
是非ご参加ください!

みんなの英語学習法
http://www.eigonou.net/category/toukoumethod/

英語脳とは…
http://www.eigonou.net/

バックナンバー
http://www.eigonou.net/backnumber/

編集:こばやし


The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)
あらゆるレベルの人に購読をオススメする英字新聞です




\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

6,000人以上が受講中です

無料購読はこちら

コメントを残す