英語脳メルマガ 第04586号 The new monetization policy for advertisers, publishers and YouTube creators will の意味は?

https://pixabay.com/ja/illustrations/google-%E3%83%A2%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E3%83%AD%E3%82%B4-6054007/

今日も英語脳で英語を読む練習をしていきましょう!

一日一文“英語脳”で読む英語上達法
2021年10月27日(水)号
VOL.4586

本日の例文

ABCより。Googleなどのネット広告に関するニュースより引用です。

The new monetization policy for advertisers, publishers and YouTube creators will “prohibit ads for, and monetization of, content that contradicts well-established scientific consensus around the existence and causes of climate change,” the blogpost added.

今日の予習

monetization
音声
マ・ネ・タイ・[ゼ]イ・ション
収益化

policy
音声
[ポ]・リ・スィ
方針、政策、指針

publisher
音声
[パ]ブ・リ・シャー
出版社、ウェブ上でのウェブサイト管理者

prohibit
音声
プロウ・[ヒ]・ビト
~を禁止する、指し止める

ad
音声
[ア]ドゥ
広告

content
音声
[コ]ン・テントゥ
内容、コンテンツ

contradict
音声
コン・トゥラ・[ディ]クトゥ
~と矛盾する、~と相反する

well-established
(理論などが)確立された、しっかりした

scientific consensus
科学的コンセンサス

consensus
音声
カン・[セ]ン・サス
意見の一致、総意、民意

existence
音声
イグ・[ズィ]ス・テンス
存在、実存

causes
音声
[コ]ー・ズィズ
原因・事由

climate change
気候変動

climate
音声
ク[ラ]イ・ミトゥ
気候


引用元:Google, YouTube won’t allow ads or monetization of content denying climate change

The new monetization policy for advertisers, publishers and YouTube creators will “prohibit ads for, and monetization of, content that contradicts well-established scientific consensus around the existence and causes of climate change,” the blogpost added.
で「広告主・ウェブサイト管理者・YouTuberのためのグーグルの新たな収益化ポリシーは、気候変動の存在と原因に関する確立された科学的コンセンサスに相反する内容の広告、およびそのようなコンテンツの収益化を指し止める。とそのブログ投稿は言い添えた。」という意味になります。

The new monetization policy for advertisers, publishers and YouTube creators までが主語となります。
The new monetization policy for ~ で「その新しい収益化ポリシー、~のための」です。
そのポリシー(the policy)は記事中では既出で、グーグルが発表したポリシー改正のことです。
policy は「政策、指針、規約」といった意味になります。
monetization policy なので「収益化の規約」です。
for ~「~のための」
advertisers, publishers and YouTube creators で「広告主、ウェブサイト管理者、ユーチューブ製作者たち」です。
つまりこれらの人たちが自分の制作物から収益を得る際に守らなければならい規約ということです。
advertisers はグーグルで広告を出稿する人、
publisher は「出版社」という意味もありますが、インターネットの世界では「ウェブサイト運営者」です。
自分のウェブサイトにグーグル広告を表示させて収益化しています。
そして、YouTubeクリエイターはいわゆる「ユーチューバー」ですね。
ユーチューブ上で動画を公開している人たちです。こちらも動画内に広告を表示して収益化しています。

その新しいポリシーが、
will “prohibit ads for ~ で「~のための広告を禁止する」です。
また、and monetization of ~ で「また~の収益化を(禁止する)」です。
for ~of ~ に共通して続くものは、
content (that) ~ で「~する内容(コンテンツ)」です。
つまり広告主に対しては「~な内容の広告を禁止」し、
かつウェブサイトとユーチューバーには「~な内容のコンテンツの収益化を禁止」するということです。
prohibit プロウ[ヒ]ビトは「~を差し止める、~を禁止する」という意味の動詞です。
名詞形は prohibition で「禁止、差し止め」です。
例:prohibit cigarette sales to anyone under 21「21歳未満へのたばこ販売を禁止する」

どんな内容のコンテンツかというと、
(content that) contradicts ~ で「~と相反する(内容)」です。
contradict コントゥラ[ディ]クトゥ「~と矛盾する、~と相反する」という意味の動詞です。

何に相反するかというと、
well-established scientific consensus で「確立された科学的コンセンサス」に相反するです。
well-established で「(世間的に)確立された、認められた、定評のある」です。
例:well-established social system「十分に確立された社会システム」
consensus コンセンサスは日本語でもおなじみですが「意見の一致、一致した考え方」です。
例:reach a consensus at the meeting「会議で意見の一致に至る」

何に関する科学的コンセンサスかというと、
around the existence and causes of climate change で「気候変動の存在と原因に関する(コンセンサス)」です。
around ~ はここでは「~について、~関連で」といった意味です。
例:discuss around ~「~について話し合う」

つまり気候変動は紛れもなく存在していること、そしてその原因が人類の活動によるものであるという科学的コンセンサスに相反するコンテンツに規制をかける、ということですね。

それではまず文節に分けて日本語に訳し内容を理解して下さい。

The new monetization policy for
その新しい~のための収益化の規約は

advertisers, publishers and YouTube creators
広告主、ウェブサイト運営者、ユーチューバーのための

will “prohibit
は、~を禁止することになる

ads for,
~のための広告

and monetization of,
そして~の収益化を

content that
~な内容のコンテンツ

contradicts
~に相反する

well-established scientific consensus
確立された科学的コンセンサス

around the existence and causes of climate change,”
気候変動の存在と原因についての

the blogpost added.
と、そのブログ投稿は付け加えた

今度は「頭の中で」一行ずつ日本語に訳しながら…

The new monetization policy for

advertisers, publishers and YouTube creators

will “prohibit

ads for,

and monetization of,

content that

contradicts

well-established scientific consensus

around the existence and causes of climate change,”

the blogpost added.

次はいちいち日本語に訳さずに読んでみましょう。

The new monetization policy for
advertisers, publishers and YouTube creators
will “prohibit
ads for,
and monetization of,
content that
contradicts
well-established scientific consensus
around the existence and causes of climate change,”
the blogpost added.

では最後に日本語に訳さずにこの文章の情景を思い浮かべられるようになるまで繰り返し読んでみてください。目を閉じて暗唱できるようになったら完璧です。

The new monetization policy for
advertisers, publishers and YouTube creators
will “prohibit
ads for,
and monetization of,
content that
contradicts
well-established scientific consensus
around the existence and causes of climate change,”
the blogpost added.

Good job!
英語脳で読めましたね。今日も一歩、あなたはネイティブスピーカーに近づきました。おめでとう!

復習:日本語から英語を思い出してみましょう。

その新しい~のための収益化の規約は

広告主、ウェブサイト運営者、ユーチューバーのための

は、~を禁止することになる

~のための広告

そして~の収益化を

~な内容のコンテンツ

~に相反する

確立された科学的コンセンサス

気候変動の存在と原因についての

と、そのブログ投稿は付け加えた

今日のつぶやき

今日の学習メモ
★多読:
You Are a Badass – by Jen Sincero(18%)
https://amzn.to/3mZCkLs
★スピーキング・リスニング:
Elevate – Brain Training
https://apps.apple.com/jp/app/elevate-brain-training/id875063456
英検1級過去問リスニング
★ボキャビル:
メルマガ発行
英検1級 文で覚える単熟語
https://amzn.to/34w6BtY
★その他:
初めて出会った言葉
hoax ホウクス「でっち上げ、作り話」
slick「口先だけの」
nowhere near ~「~にはほど遠い」

毎日の継続が第一です。
それではまた明日!

メルマガ/フェイスブック/twitterでも毎日購読できます。
http://www.eigonou.net/mailmagazine/
http://www.facebook.com/eigonounet
https://twitter.com/eigonounet
是非ご参加ください!

みんなの英語学習法
http://www.eigonou.net/category/toukoumethod/

英語脳とは…
http://www.eigonou.net/

バックナンバー
http://www.eigonou.net/backnumber/

編集:こばやし


The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)
あらゆるレベルの人に購読をオススメする英字新聞です




\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

6,000人以上が受講中です

無料購読はこちら

2件のコメント

いつも大変お世話になります。
本日の記事のタイトルが、まちがっておりますので、報告します。

これは先日の 一日一文“英語脳”で読む英語上達法
2021年10月20日(水)号 VOL.4579  のタイトルです。

以上用件のみにて失礼します。

コメントを残す