英語脳メルマガ 第04629号 We do not wish to impoverish the environment の意味は?

https://www.flickr.com/photos/narendramodiofficial/15696354421

今日も英語脳で英語を読む練習をしていきましょう!

一日一文“英語脳”で読む英語上達法
2021年12月9日(木)号
VOL.4629

本日の例文

インドの元首相であるインディラ・ガンディーの言葉です。

We do not wish to impoverish the environment any further, and yet we cannot for a moment forget the grim poverty of large numbers of people. Are not poverty and need the greatest polluters?

今日の予習

impoverish
音声
イン・[パ]・ヴァ・リシュ
~を貧しくする、~を貧困化する、~を駄目にする

environment
音声
エン・[ヴァ]イァ・ロン・メントゥ
環境、周囲の状況、生活環境

any further
これ以上、さらに

and yet
とはいえ、それなのに、しかし

(not) for a moment
一瞬たりとも、少しも(ない)

grim
音声
グ[リ]ム
恐ろしい、ゾッとする、残忍な

poverty
音声
[パ]・ヴァ・ティ

large numbers of ~
数多くの~

need
音声
[ニ]ードゥ
貧困、窮状

polluter
音声
ポ・[ル]ー・ター
汚染を生み出すもの


引用元:Indira Gandhi- Brainy Quote

We do not wish to impoverish the environment any further, and yet we cannot for a moment forget the grim poverty of large numbers of people. Are not poverty and need the greatest polluters?
で「我々も、環境をこれ以上悪化させることは望んでいない。とはいえ、数多くの人が残酷なほどの貧困に苦しんでいることを一瞬たりとも忘れることはできない。その貧困と窮状こそが、最大の環境汚染原因なのではないでしょうか?」という意味になります。

インディラ・ガンディーは、インド初の女性首相で、第5代・8代目の首相です。
あのマハトマ・ガンディと姓が同じですが血縁関係はないそうです。

今回の例文は、1972年ストックホルムで行われた国連の人間環境会議でのスピーチです。
https://www.iisd.org/articles/stockholm-and-birth-environmental-diplomacy
背景としては、先進諸国が環境問題対策のノルマを発展途上国にも押し付ける状況の中、
途上国では貧困こそが環境問題の原因であるのだから、貧困を解決することが先決であると意見を述べています。

We do not wish to ~ で「我々は~することを望んではない」です。
to impoverish the environment any further, で「地球環境を悪化させること、これ以上」です。
impoverish イン[パ]ヴァリシュで「~を貧しくさせる」ですが、ここでは「~を悪化させる」という意味です。
the environment で「環境、地球環境」を指しています。
any further で「これ以上(~ない)」という意味です。
further は「さらに、この上」という意味の副詞です。

and yet ~ は「とはいえ、それにもかかわらず」と逆説の接続詞となります。
we cannot for a moment forget ~ で「我々は~をひと時も忘れることができない」です。
not for a moment で「一瞬たりとも~しない、少しも~しない」という意味の言い回しです。
例:He did not doubt for a moment.「彼はちっとも迷わなかった。」
何を忘れることができないかというと、
the grim poverty of large numbers of people で「数多くの人々の忌まわしいほどの貧困」です。
poverty で「貧困」という意味の名詞です。
the がついて「その貧困、今まさに起きている貧困」という意味合いです。
grim は「ぞっとするような、残忍な、恐ろしい」という意味の形容詞です。
例:grim news「痛ましいニュース、悲惨なニュース」
large numbers of ~ で「数多くの~」です。
a large number of ~ という言い方を複数形にして数の多さを強調しています。

Are not poverty and need the greatest polluters? で「貧困と困窮が最大の環境汚染原因なのではないですか?」です。
修辞的疑問文(反語表現)で「~ではないか?(いやまさにそうである)」と肯定を表します。
poverty and need が主語で「貧困と困窮」です。
poverty and need と2つなので、are が複数形になっているのをしっかり確認しましょう。
need はここでは「貧困、困窮」という意味の名詞です。
例:people in need「生活に困っている人々」
the greatest pollutersare に続く補語(C)で「最大の環境汚染者」です。
pollute ポ[ル]ートゥで「~を汚染する」という意味の動詞で、それに -er がついて「汚染する者」という意味になっています。

それではまず文節に分けて日本語に訳し内容を理解して下さい。

We do not wish to
我々は~することを望まない

impoverish the environment any further,
環境をこれ以上悪化させることを

and yet
とはいえ

we cannot for a moment forget
我々は一時たりとも忘れることはできない

the grim poverty of large numbers of people.
数多くの人々の痛ましい貧困を

Are not
~ではないですか?

poverty and need
貧困と困窮が

the greatest polluters?
最大の環境汚染原因(では)

今度は「頭の中で」一行ずつ日本語に訳しながら…

We do not wish to

impoverish the environment any further,

and yet

we cannot for a moment forget

the grim poverty of large numbers of people.

Are not

poverty and need

the greatest polluters?

次はいちいち日本語に訳さずに読んでみましょう。

We do not wish to
impoverish the environment any further,
and yet
we cannot for a moment forget
the grim poverty of large numbers of people.
Are not
poverty and need
the greatest polluters?

では最後に日本語に訳さずにこの文章の情景を思い浮かべられるようになるまで繰り返し読んでみてください。目を閉じて暗唱できるようになったら完璧です。

We do not wish to
impoverish the environment any further,
and yet
we cannot for a moment forget
the grim poverty of large numbers of people.
Are not
poverty and need
the greatest polluters?

Good job!
英語脳で読めましたね。今日も一歩、あなたはネイティブスピーカーに近づきました。おめでとう!

復習:日本語から英語を思い出してみましょう。

我々は~することを望まない

環境をこれ以上悪化させることを

とはいえ

我々は一時たりとも忘れることはできない

数多くの人々の痛ましい貧困を

~ではないですか?

貧困と困窮が

最大の環境汚染原因(では)

今日のつぶやき

今日の学習メモ
★多読:
You Are a Badass – by Jen Sincero(18%)
https://amzn.to/3mZCkLs
★スピーキング・リスニング:
Elevate – Brain Training
https://apps.apple.com/jp/app/elevate-brain-training/id875063456
英検1級過去問リスニング
★ボキャビル:
メルマガ発行
英検1級 文で覚える単熟語
https://amzn.to/34w6BtY
★その他:
初めて出会った言葉
bear ~ out「~を裏付ける」
T-square「T定規」
meridian「子午線、経線」
longitude「経度」

毎日の継続が第一です。
それではまた明日!

メルマガ/フェイスブック/twitterでも毎日購読できます。
http://www.eigonou.net/mailmagazine/
http://www.facebook.com/eigonounet
https://twitter.com/eigonounet
是非ご参加ください!

みんなの英語学習法
http://www.eigonou.net/category/toukoumethod/

英語脳とは…
http://www.eigonou.net/

バックナンバー
http://www.eigonou.net/backnumber/

編集:こばやし


The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)
あらゆるレベルの人に購読をオススメする英字新聞です




\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

6,000人以上が受講中です

無料購読はこちら

コメントを残す