英語脳メルマガ 第04760号 It is altogether fitting and proper の意味は?

https://www.flickr.com/photos/howardignatius/8617239075

今日も英語脳で英語を読む練習をしていきましょう!

一日一文“英語脳”で読む英語上達法
2022年4月19日(火)号
VOL.4760

本日の例文

エイブラハム・リンカーン ゲティスバーグ演説 (1863年)です。

It is altogether fitting and proper that we should do this. But, in a larger sense, we can not dedicate – we can not consecrate – we can not hallow – this ground. The brave men, living and dead, who struggled here, have consecrated it, far above our poor power to add or detract.

今日の予習

altogether
音声
オーゥ・ト・[ゲ]・ザー
完全に、すっかり

fitting
音声
[フィ]・ティング
適切な、ふさわしい

proper
音声
プ[ラ]・パァ
適した、適切な

in a larger sense
もっと広い意味では

dedicate
音声
[デ]・ディ・ケイトゥ
~を奉献する、ささげる

consecrate
音声
[コ]ン・スィ・クレイトゥ
奉献する、聖なるものに捧げる、司教に任じる

hallow
音声
[ハ]・ロウ
神聖化する、崇敬する

brave
音声
ブ[レ]イヴ
勇敢な

struggle
音声
ストゥ[ラ]ゴォ
奮闘する、悪戦苦闘する、格闘する

far above ~
音声
~よりはるかに超えて、~をはるかにしのいで

detract
音声
ディ・トゥ[ラ]クトゥ
減じる、減らす、損ねる


引用元:Gettysburg Address (1863)

It is altogether fitting and proper that we should do this. But, in a larger sense, we can not dedicate – we can not consecrate – we can not hallow – this ground. The brave men, living and dead, who struggled here, have consecrated it, far above our poor power to add or detract.
で「我々がこれを行うことは完全に適切でありふさわしいことである。しかし、もっと大きい意味合いにおいて、我々はこの地を捧げることも、奉献することも、神聖化することもできないのである。ここで奮闘した勇敢な者達、生きていようと死んでいようとも、その者達が、我々の足したり引いたりするちっぽけな力が及ばない次元で、既にこの地を神聖化しているからである。」という意味になります。

前回の文を確認したい方はこちらから。
http://www.eigonou.net/backnumber/04753/

It is altogether fitting and proper that we should do this. で「我々がこれを行うことは完全に適切でありふさわしいことである」です。
It is ~ that … の形式主語の構文です。
altogether で「完全に」という意味の副詞です。
absolutely, totally, completely などとも言えます。
fitting and proper で「適切でふさわしい」です。
fitting proper も同じような意味の形容詞です。
we should do thisthis は前述された、この地を dedicate「奉献する(墓地として開所する」ことです。

But,「しかし」
in a larger sense,で「もっと広い意味では」

we can not dedicate「私たちは奉献できない」
we can not consecrate「私たちは神聖化できない」
we can not hallow「私たちは神聖化できない」
です。
dedicate, consecrate, hallow
ここでも同義語を並べる手法を使っています。
hallow ハロウはあまり見ない動詞ですが、Halloween の元になった単語です。
Hallows’ Eve「神聖なイヴ」がなまって Halloween になったそうです。
this ground で「この土地を」で、上の三つの動詞の目的語になっています。

なぜこの地を奉献できないのかというと、
The brave men, living and dead, who struggled here, が主語になって「勇敢な者達、生きているものも死んでいるものも、ここで戦った」です。
The brave men (who) struggled here に living and dead が挿入された形です。
have consecrated it, で「すでにそれを神聖化している(から)」です。
have consecrated と現在完了形で「もう~してしまっている」という意味です。
itthis ground を指しています。

far above our poor power to add or detract. で「私たちの貧弱な力をはるかに超えて、足したり引いたりする力」です。
far above ~ で「~をはるかに超えて」という意味のコロケーションです。
power to add or detract で「付け足したり差し引いたりする力」です。
このスピーチが戦没者墓地の開所式で行われていることを考えると、our poor power to add or detract は、墓地を作る工事やその落成式などの行為を指して言っていると考えられます。
自分たちの行為について謙遜して、兵士たちを立てているわけですね。

それではまず文節に分けて日本語に訳し内容を理解して下さい。

It is altogether fitting and proper
~することは全くふさわしく適切なことである

that we should do this.
我々がこれを行うことは

But, in a larger sense,
しかしもっと広い意味では

we can not dedicate –
我々は捧げることができない

we can not consecrate –
奉献できない

we can not hallow –
神聖化できない

this ground.
この土地を

The brave men, living and dead,
(なぜなら)勇敢な者達が、生存者・戦死者を問わず

who struggled here,
ここで戦った(者達)

have consecrated it,
この土地をすでに神聖化している(からだ)

far above
~をはるかに超えて

our poor power to add or detract.
我々の貧弱な足したり引いたりする力を

今度は「頭の中で」一行ずつ日本語に訳しながら…

It is altogether fitting and proper

that we should do this.

But, in a larger sense,

we can not dedicate –

we can not consecrate –

we can not hallow –

this ground.

The brave men, living and dead,

who struggled here,

have consecrated it,

far above

our poor power to add or detract.

次はいちいち日本語に訳さずに読んでみましょう。

It is altogether fitting and proper
that we should do this.
But, in a larger sense,
we can not dedicate –
we can not consecrate –
we can not hallow –
this ground.
The brave men, living and dead,
who struggled here,
have consecrated it,
far above
our poor power to add or detract.

では最後に日本語に訳さずにこの文章の情景を思い浮かべられるようになるまで繰り返し読んでみてください。目を閉じて暗唱できるようになったら完璧です。

It is altogether fitting and proper
that we should do this.
But, in a larger sense,
we can not dedicate –
we can not consecrate –
we can not hallow –
this ground.
The brave men, living and dead,
who struggled here,
have consecrated it,
far above
our poor power to add or detract.

Good job!
英語脳で読めましたね。今日も一歩、あなたはネイティブスピーカーに近づきました。おめでとう!

復習:日本語から英語を思い出してみましょう。

~することは全くふさわしく適切なことである

我々がこれを行うことは

しかしもっと広い意味では

我々は捧げることができない

奉献できない

神聖化できない

この土地を

(なぜなら)勇敢な者達が、生存者・戦死者を問わず

ここで戦った(者達)

この土地をすでに神聖化している(からだ)

~をはるかに超えて

我々の貧弱な足したり引いたりする力を

今日のつぶやき

今日の学習メモ
★多読:
You Are a Badass – by Jen Sincero(18%)
https://amzn.to/3mZCkLs
★スピーキング・リスニング:
Elevate – Brain Training
https://apps.apple.com/jp/app/elevate-brain-training/id875063456
英検1級過去問リスニング
★ボキャビル:
メルマガ発行
英検1級 文で覚える単熟語
https://amzn.to/34w6BtY
★その他:
初めて出会った言葉
whistleblower「内部告発者」
bipedal バイペドォ「二足歩行の」

毎日の継続が第一です。
それではまた明日!

メルマガ/フェイスブック/twitterでも毎日購読できます。
http://www.eigonou.net/mailmagazine/
http://www.facebook.com/eigonounet
https://twitter.com/eigonounet
是非ご参加ください!

みんなの英語学習法
http://www.eigonou.net/category/toukoumethod/

英語脳とは…
http://www.eigonou.net/

バックナンバー
http://www.eigonou.net/backnumber/

編集:こばやし


The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)
あらゆるレベルの人に購読をオススメする英字新聞です




\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

6,000人以上が受講中です

無料購読はこちら

コメントを残す