英語脳メルマガ 第04277号 And released it back where it came from, and realized that の意味は?

https://www.ted.com/talks/elizabeth_gilbert_on_genius

今日も英語脳で英語を読む練習をしていきましょう!

一日一文“英語脳”で読む英語上達法
2020年12月22日(火)号
VOL.4277

本日の例文

エリザベス・ギルバート氏によるTEDスピーチ「創造性をはぐくむには」です。

And released it back where it came from, and realized that this didn’t have to be this internalized, tormented thing. It could be this peculiar, wondrous, bizarre collaboration, kind of conversation between Tom and the strange, external thing that was not quite Tom.

今日の予習

release ~ back
~に帰す、~を解放して戻す

where it came from
それが来たところ

realize
音声
[リ]ー・ァ・ライズ
~を自覚する、~に気付く

don’t have to ~
~する必要はない、~しなくてもいい

internalized
音声
イン・[タ]ー・ナ・ライズドゥ
内在化した、無意識化した

tormented
音声
トー・[メ]ン・ティドゥ
苦しめられた、苛まれた

peculiar
音声
ピ・[キュ]ー・リァー
奇妙な、特異な、風変わりな

wondrous
音声
[ワ]ン・ドゥラス
驚くべき◆文語的

bizarre
音声
ビ・[ザ]ー
一風変わった、奇怪な、異様な

collaboration
音声
コ・ラ・ボ・[レ]イ・ション
協力、共同作業

external
音声
エクス・[タ]ー・ナォ
外部の、外側の

not quite
完全に~ではない


引用元:Your elusive creative genius – TED

And released it back where it came from, and realized that this didn’t have to be this internalized, tormented thing. It could be this peculiar, wondrous, bizarre collaboration, kind of conversation between Tom and the strange, external thing that was not quite Tom.
で「そして(彼は)それを元居た場所へと解き放ち、もともと、こんなに当然で、悩ましいものである必要はなかったのだと気付いた。それはどちらかというと、奇妙で、驚異的で、異様な共同作業のようなもの、ある意味で、トムと、そのおかしな外的存在(彼自身ではない)との会話のようなもの、と言っていいかもしれない。」という意味になります。

前回の文を確認したい方はこちらから。
http://www.eigonou.net/backnumber/04270/

前回から引き続き、ミュージシャンのトム・ウェイツの話です。

released it back where it came from で「それを元居た場所に返した」です。
it とは前回からの続きで、the genius のことです。
where it came from で「それが来たところ、それの元いた場所」という意味の名詞句になります。
come from ~ で「~から来る、~出身である」です。

and realized that ~ で「~ということを悟った、~だと気付いた」です。

何に気付いたかというと、
(that) this didn’t have to be this internalized, tormented thing. で「このことが、~である必要はなかったと、こんなに内在化されて、苦しめらるようなこと(である必要はなかった)」です。
this とは文脈から作曲のプロセスの事です。
internalized は「内在化した、無意識のうちに当たり前となってしまった」という意味の形容詞です。
何度も繰り返しやることで、特に意識しなくなるという意味合いです。
例:He has internalized his father’s traditional values.「彼は父親の伝統的価値観が自然と身に付いている。」
2個目の this はここでは副詞で「これほど~、こんなに~」という意味になります。

It could be this peculiar, wondrous, bizarre collaboration で「(そうではなく)それは~なのかもしれない、奇妙で驚異的でおかしなコラボレーションのようなもの」です。
ここでの this は「ある種の、ある意味で、~のような」というぼかしの意味です。
後に出てくる、kind of と同じような意味合いと考えていいかと思います。
this の「話し手の一方的な内面化」用法– hellog~英語史ブログ

kind of conversation between Tom and the strange, external thing で「会話みたいなもの、トムと、その変な外的存在との」です。
上記 collaboration と同格(言い換え)となります。
the strange, external thing とは、the genius (genie) のことですね。

(that) was not quite Tom で「(それは)トム自身ではない」です。

「変わった、奇妙な」という意味の形容詞(strange peculiar bizarre)が出てきましたが以下がその違いについて参考になります。
https://hinative.com/ja/questions/4863843

それではまず文節に分けて日本語に訳し内容を理解して下さい。

And released it back
そして彼はそれを~へ帰した

where it came from,
元居た場所へ

and realized that
そして~だと気付いた

this didn’t have to be
このことが~である必要はなかったのだと

this internalized, tormented thing.
それほどに当たり前で、苛まれるもの

It could be
それは~と言っていいかもしれない

this peculiar, wondrous, bizarre collaboration,
ある意味で、奇妙で驚くべき奇怪な共同作業

kind of conversation
ある種の会話であると、

between
~との間の

Tom and the strange, external thing
トムとその変な外的存在との

that was not quite Tom.
それはトム自身ではない

今度は「頭の中で」一行ずつ日本語に訳しながら…

And released it back

where it came from,

and realized that

this didn’t have to be

this internalized, tormented thing.

It could be

this peculiar, wondrous, bizarre collaboration,

kind of conversation

between

Tom and the strange, external thing

that was not quite Tom.

次はいちいち日本語に訳さずに読んでみましょう。

And released it back
where it came from,
and realized that
this didn’t have to be
this internalized, tormented thing.
It could be
this peculiar, wondrous, bizarre collaboration,
kind of conversation
between
Tom and the strange, external thing
that was not quite Tom.

では最後に日本語に訳さずにこの文章の情景を思い浮かべられるようになるまで繰り返し読んでみてください。目を閉じて暗唱できるようになったら完璧です。

And released it back
where it came from,
and realized that
this didn’t have to be
this internalized, tormented thing.
It could be
this peculiar, wondrous, bizarre collaboration,
kind of conversation
between
Tom and the strange, external thing
that was not quite Tom.

Good job!
英語脳で読めましたね。今日も一歩、あなたはネイティブスピーカーに近づきました。おめでとう!

復習:日本語から英語を思い出してみましょう。

そして彼はそれを~へ帰した

元居た場所へ

そして~だと気付いた

このことが~である必要はなかったのだと

それほどに当たり前で、苛まれるもの

それは~と言っていいかもしれない

ある意味で、奇妙で驚くべき奇怪な共同作業

ある種の会話であると、

~との間の

トムとその変な外的存在との

それはトム自身ではない

今日のつぶやき

今日の学習メモ
★多読:
★スピーキング・リスニング:
Elevate – Brain Training
https://apps.apple.com/jp/app/elevate-brain-training/id875063456
英検1級過去問リスニング
ポッドキャスト Coach Shane Easy English Expression(第750回)
http://dailyeasyenglish.libsyn.com/
ABA English(アプリ)(Begginers Unit4)
https://www.abaenglish.com/en/
★ボキャビル:
メルマガ発行
★その他:
初めて出会った言葉
pretermit プリータ[ミ]トゥ「看過する、見過ごす」

毎日の継続が第一です。
それではまた明日!

メルマガ/フェイスブック/twitterでも毎日購読できます。
http://www.eigonou.net/mailmagazine/
http://www.facebook.com/eigonounet
https://twitter.com/eigonounet
是非ご参加ください!

みんなの英語学習法
http://www.eigonou.net/category/toukoumethod/

英語脳とは…
http://www.eigonou.net/

バックナンバー
http://www.eigonou.net/backnumber/

編集:こばやし


The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)
あらゆるレベルの人に購読をオススメする英字新聞です




\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

6,000人以上が受講中です

無料購読はこちら