英語脳メルマガ 第04571号 And that’s always been in my mind, の意味は?

https://www.youtube.com/watch?v=nkCil4pPVfw

今日も英語脳で英語を読む練習をしていきましょう!

一日一文“英語脳”で読む英語上達法
2021年10月12日(火)号
VOL.4571

本日の例文

スティーヴ・ジョブズ「1995~失われたインタビュー~」です。

So it’s hard to explain, and it’s certainly not the result of one person. I mean, people like symbols, so I’m the symbol of certain things, but it really is – it was a team effort on the Mac.

今日の予習

certainly not ~
間違いなく~ではない

certainly
音声
[サ]ートゥン・リィ
確実に、確かに、必ず

result
音声
リ・[ザ]ルトゥ
(望ましい)成果、効果、業績

symbol
音声
[スィ]ン・ボォ
象徴

certain things
音声
何らかのもの、ある種のもの

team effort
チームの努力、チームとしての取り組み


引用元:The Lost Interview
https://allaboutstevejobs.com/verbatim/interviews/triumph_of_the_nerds_interview_1995

So it’s hard to explain, and it’s certainly not the result of one person. I mean, people like symbols, so I’m the symbol of certain things, but it really is – it was a team effort on the Mac.
で「まあ、説明するのが難しいですが、それは間違いなく一人の人間の成果ではありません。つまり、みんな象徴が好きなので、私はある種の象徴みたいに扱われますが、マックについてはチームの努力のたまものなのです。」という意味になります。

前回の文を確認したい方はこちらから。
http://www.eigonou.net/backnumber/04564/

So it’s hard to explain, で「まあ、説明することは難しい(ですが)」です。

and it’s certainly not the result of one person. で「それは間違いなく一人の人間の成果ではない」です。
certainly not ~ は否定の強調で「絶対に~ではない、間違いなく~ではない」となります。
absolutely not ~ とも言い換えられますね。
ちなみに、これを逆にして、not certainly ~(not absolutely ~)とすると部分否定となり「必ずしも~ではない」という意味になります。
the result of one person で「一人の人の成果」です。
result は「結果」という意味ですが、ここでは「(望ましい)成果、効果、業績」という意味になります。

I mean,「つまり~」

people like symbols,「人はシンボルが好きだ」です。
symbols とは「象徴」です。

so I’m the symbol of certain things, で「だから、私はある種のシンボルである」です。
つまり、マックを作った偉業の象徴としてジョブズが目立っているが、その後ろには実はチームの人々の甚大な努力があるのだ、ということです。
~ of certain things で「何らかのものの~」です。
ここでの certain は「ある種の、いくらかの、なんらかの」といった意味合いです。
例:on a certain day in September「9月某日に」

but it really is – it was a team effort on the Mac. で「だが、それは本当は、それはチームの努力だった、Macへの」です。
effort on ~ で「~への努力、~への取り組み」という意味のコロケーションです。
例:his effort on cutting the costs「コストカットへの彼の取り組み」

それではまず文節に分けて日本語に訳し内容を理解して下さい。

So it’s hard to explain,
まあ、説明するのは難しいが

and it’s certainly not
それは間違いなく~ではない

the result of one person.
一人の人間の成果

I mean, people like symbols,
つまり、人は象徴が好きだ

so I’m the symbol of certain things,
だから私はその象徴なんです、ある種の

but it really is – it was
だけど、それは本当は、本当は~だったのです

a team effort
チームの取り組み

on the Mac.
Macへの

今度は「頭の中で」一行ずつ日本語に訳しながら…

So it’s hard to explain,

and it’s certainly not

the result of one person.

I mean, people like symbols,

so I’m the symbol of certain things,

but it really is – it was

a team effort

on the Mac.

次はいちいち日本語に訳さずに読んでみましょう。

So it’s hard to explain,
and it’s certainly not
the result of one person.
I mean, people like symbols,
so I’m the symbol of certain things,
but it really is – it was
a team effort
on the Mac.

では最後に日本語に訳さずにこの文章の情景を思い浮かべられるようになるまで繰り返し読んでみてください。目を閉じて暗唱できるようになったら完璧です。

At the time of our interview,
Steve was running NeXT,
the niche computer company
he founded
after leaving Apple.
Little did we know that
within 18 months,
he would sell NeXT to Apple,
and six months later,
he’d be running the place.

Good job!
英語脳で読めましたね。今日も一歩、あなたはネイティブスピーカーに近づきました。おめでとう!

復習:日本語から英語を思い出してみましょう。

まあ、説明するのは難しいが

それは間違いなく~ではない

一人の人間の成果

つまり、人は象徴が好きだ

だから私はその象徴なんです、ある種の

だけど、実は、本当は~だったのです

チームの取り組み

Macへの

今日のつぶやき

今日の学習メモ
★多読:
You Are a Badass – by Jen Sincero(18%)
https://amzn.to/3mZCkLs
★スピーキング・リスニング:
Elevate – Brain Training
https://apps.apple.com/jp/app/elevate-brain-training/id875063456
英検1級過去問リスニング
★ボキャビル:
メルマガ発行
英検1級 文で覚える単熟語
https://amzn.to/34w6BtY
★その他:
初めて出会った言葉
maunder [モ]ーンダー「だらだら話す、うろつく」
effrontery イフ[ラ]ンタリィ「厚かましさ」
approbatory アプロベタリィ「是認する、認められるような」
prolixity プロウ[リ]クスィティ「冗長さ、冗漫さ」
quail ク[ウェ]イォ「うずら、怖気づく、ひるむ」

毎日の継続が第一です。
それではまた明日!

メルマガ/フェイスブック/twitterでも毎日購読できます。
http://www.eigonou.net/mailmagazine/
http://www.facebook.com/eigonounet
https://twitter.com/eigonounet
是非ご参加ください!

みんなの英語学習法
http://www.eigonou.net/category/toukoumethod/

英語脳とは…
http://www.eigonou.net/

バックナンバー
http://www.eigonou.net/backnumber/

編集:こばやし


The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)
あらゆるレベルの人に購読をオススメする英字新聞です




\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

6,000人以上が受講中です

無料購読はこちら

コメントを残す