英語の動詞の過去形-edの発音問題を解決する!

英語の動詞の過去形-edの発音問題を解決する!


英語の文を黙読するときにちょいちょいつまずいて、気になってはいるが、放っておいているもの。

動詞の過去形の語尾に付く -ed をどう発音するか。「ドゥ」なのか「トゥ」なのか。

と言うのがあります。

自分的にも長年、気になっていたんですが、だいたいなんとなく、この動詞は「ドゥ」だったかな、「トゥ」だったかな、とかウロ覚えで過ごしてきました。
でもこの発音には法則があるそうなので、折角なのでマスターしておきたいと思います。
あなたも是非この機会にマスターしておきましょう!

-ed の発音は直前の語尾の音で変わる

まず、動詞の語尾が、
ア行 [a,i,u,e,o]、ナ行 [n]、マ行 [m]、ラ行 [r,l] 
または、
濁点がつく、ガ行 [g]、ザ行 [z]、バ行 [b] 
の場合は -ed の発音は「ドゥ」となります。

次に、動詞の語尾が
カ行 [k]、サ行 [s]、ハ行 [h]、パ行 [p] 
の場合は、-ed の発音は「トゥ」となります。

この分れ方には、実は規則性があって、上のほうが「有声音」、下のほうが「無声音」と言います。

有声音…音を出すときにノド仏が震える
無声音…音を出すときにノド仏まで使わずに口の中だけで出す

有声音のときの-ed

例えば、play プレイ → プレイドゥになるわけですが、プレイの語尾は「イ」で、ア行ですね。
「イ」と声を出すときの「自分の口の中」をイメージしてみてください。
「イー」と喉の奥のほうから口の外まで、繋がってますよね。
この音の出し方が「有声音」です。有声音のときは「ドゥ」ですね。

語尾が、グ、ズ、ブ、ム、ン、ル など、
例:
opened オープドゥ【音声】
lovedドゥ【音声】
surprised サプライドゥ【音声】
appeared アピアードゥ【音声】
assumed アシュードゥ【音声】
deserved ディザードゥ【音声】
spilled スピドゥ【音声】

無声音のときの-ed

次に、「トゥ」と濁らないときですが、
カ、サ、タ、ハ、パ行
「ク」と発音するときの「自分の口の中」をイメージしてみてください。
「ック」と、発音する前に、一旦、口の中で壁が出来ます。引っ掛かりがありますよね?
こういうのが無声音です。

語尾が、ク、ス、シュ、チュ、プ、フ(k,s,sh,ch,p,f) などなどなど、
例:
looked ルットゥ【音声】
focused フォーカトゥ【音声】
pushed プッシュトゥ【音声】
searched サートゥ【音声】
cropped クロットゥ【音声】

上記2パターンが基本です。

なおこの法則は、動詞の三人称単数形の語尾 -s や、名詞複数形の語尾の -s所有格の語尾 ‘s などのときも同じですので応用がききますね。
とにかく英語では、「有声音の後は音が濁る」、そして「無声音の後は音が透き通る」と覚えておくといいかもしれません。

ということは、阪神タイガースは、この法則で行くと英語発音的には間違いで、tigers はタイガーズが正しいと言うことになりますね。(固有名詞ということでOKなのかな?)

まとめます

ドゥになるとき…
◎動詞の語尾が、濁点がつく「g,z,b,v」などの場合は -ed は「ドゥ」
◎動詞の語尾が、「ア行」母音のときは -ed は「ドゥ」
◎動詞の語尾が、「m,n,r」のときは -ed は「ドゥ」

トゥになるとき…
◎動詞の語尾が、それ以外の「k,s,sh,p」など、軽い音の時は -ed は「トゥ」

となります。

最後に、
動詞の語尾が、タ行[t]、ダ行[d] のときだけは、例外で!

-ed は「ィド」と発音します。
例:
needed ニーディド
adopted アダプティド
accepted アクセプティド
cheated チーティド



\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

5000人以上が受講中です

無料購読はこちら

英語学習メルマガの発行を5年継続中。現役の英語学習者です。 プロフィール

1 Comment

  1. Reply

    これで、過去形の発音を、マスターしました!やっぱり日本人の私にとって英語の発音は、難しい💧

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these <abbr title="HyperText Markup Language">HTML</abbr> tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

CAPTCHA