英語脳メルマガ 第04846号 Greatness lies, not in being strong の意味は?

https://garystockbridge617.getarchive.net/amp/media/henry-ward-beecher

今日も英語脳で英語を読む練習をしていきましょう!

一日一文“英語脳”で読む英語上達法
2022年7月14日(木)号
VOL.4846

本日の例文

アメリカの聖職者であるヘンリー・ウォード・ビーチャーの言葉です。

Greatness lies, not in being strong, but in the right using of strength; and strength is not used rightly when it serves only to carry a man above his fellows for his own solitary glory. He is the greatest whose strength carries up the most hearts by the attraction of his own.

今日の予習

greatness
音声
グ[レ]イトゥ・ニス
偉大さ

lie in ~
(手掛かり・問題などが)~にある、~という点にある

the right using of ~
~の正しい使用、適切な行使

strength
音声
ストゥ[レ]ンクス
力、強さ

rightly
音声
[ラ]イトゥ・リィ
正しく、適切に、公正に

carry ~ above …
~を…の上に持ち上げる

above ~
音声
~の上に、~を超えて

fellow
音声
[フェ]・ロゥ
仲間、同志

solitary
音声
[サ]・リ・テ・リィ
単独の、孤独の、孤立した

glory
音声
グ[ロ]ー・リィ
栄光、名誉、ほこり

carry up
担ぎ上げる、かつぎ上げる

attraction
音声
アトゥ・[ラ]ク・ション
引き付ける[魅了する]力[性質]

~ of one’s own
自分自身の


引用元:Henry Ward Beecher- Brainy Quote

Greatness lies, not in being strong, but in the right using of strength; and strength is not used rightly when it serves only to carry a man above his fellows for his own solitary glory. He is the greatest whose strength carries up the most hearts by the attraction of his own.
で「偉大さというものは、ただ強くあることにあるのではなく、その強さを正しく使う点にあるのだ。そして、強さというものは、ある人の単独の栄光によって、その人を仲間たちの上位にするためだけに用いられるなら、正しく使われたことにはならない。その強さが最も多くの人の心をその人自身の魅力によって高揚させたものこそがもっとも偉大なのだ。」という意味になります。

Greatness lies, not in being strong, は「偉大さとは、強くあることにあるのではない」という意味になります。
lie in ~ で「~にある、~という点にある」という意味の言い回しです。
例:The real problem lies in ~「本当の問題は~という点にある」
上記の lie in ~ に、not ~ but …「~ではなく…だ」の言い回しが絡んだ形です。
(lies), not in ~, but in … で「~にあるのではなく、…にあるのだ」です。
being strong「強くあること」にあるのではなく、
the right using of strength「強さの正しい使用」にあるのだ、です。

and「そして」
strength is not used rightly when ~ で「強さは正しく使われたことにならない、~ならば」です。
be not used rightly で「正しく使われていない、適切に使われていない」です。
どんな条件なら、正しく使われたことにないかというと、
when it serves only to do ~ で「その強さが~するためだけに用いられる(ならば)」です。
serve は「~供する、役目を果たす」です。
to carry a man above his fellows で「ある人を、その人の仲間たちの上に持っていく(ためだけに)」です。
a man で「ある人」です。
carry ~ above … で「~を…の上に持ち上げる」という意味の言い回しです。
his fellows で「彼の仲間たち、同志たち」です。
his a man を指しています。
for his own solitary glory で「彼自身の単独の栄光で」です。
この for ~ は「~のおかげで」と意味合いです。
glory は「栄光、名誉」という意味です。
つまり、自分ひとりの偉業によって周りの人の上に立つということですね。

そうではなく、
He is the greatest whose strength ~ で「その人の強さが~するものこそが最も偉大なのだ」です。
whose の先行詞はちょっと離れて He になっています。
ここでの he は特定の「彼」というよりも a man 「(~な)人」という意味合いです。
(whose strength) carries up the most hearts で「(その人の強さが)もっとも多くの人の心を高揚させる」です。
carry up ~ で「~を高い場所に運ぶ、~を持ち上げる」です。
the most hearts で「最も多くの心」です。
by the attraction of his own. で「その人自身の魅力によって」です。

それではまず文節に分けて日本語に訳し内容を理解して下さい。

Greatness lies,
偉大さというものは~(にある)

not in being strong,
強くあることにあるのではなく

but in the right using of strength;
強さを正しく使うことにある

and strength is not used rightly
そして強さは正しく使われたことにはならない

when it serves
その強さが~に用いられるときは

only to carry a man
ある人を~に持ち上げるためだけに

above his fellows
その同志たちの上に

for his own solitary glory.
その人の単独の栄光によって

He is the greatest
~な人が最も偉大なのだ

whose strength
その人の強さが

carries up the most hearts
最も多くの人の心を高揚させる

by the attraction of his own.
その人自身の魅力によって

今度は「頭の中で」一行ずつ日本語に訳しながら…

Greatness lies,

not in being strong,

but in the right using of strength;

and strength is not used rightly

when it serves

only to carry a man

above his fellows

for his own solitary glory.

He is the greatest

whose strength

carries up the most hearts

by the attraction of his own.

次はいちいち日本語に訳さずに読んでみましょう。

Greatness lies,
not in being strong,
but in the right using of strength;
and strength is not used rightly
when it serves
only to carry a man
above his fellows
for his own solitary glory.
He is the greatest
whose strength
carries up the most hearts
by the attraction of his own.

では最後に日本語に訳さずにこの文章の情景を思い浮かべられるようになるまで繰り返し読んでみてください。目を閉じて暗唱できるようになったら完璧です。

Greatness lies,
not in being strong,
but in the right using of strength;
and strength is not used rightly
when it serves
only to carry a man
above his fellows
for his own solitary glory.
He is the greatest
whose strength
carries up the most hearts
by the attraction of his own.

Good job!
英語脳で読めましたね。今日も一歩、あなたはネイティブスピーカーに近づきました。おめでとう!

復習:日本語から英語を思い出してみましょう。

偉大さというものは~(にある)

強くあることにあるのではなく

強さを正しく使うことにある

そして強さは正しく使われたことにはならない

その強さが~に用いられるときは

ある人を~に持ち上げるためだけに

その同志たちの上に

その人の単独の栄光によって

~な人が最も偉大なのだ

その人の強さが

最も多くの人の心を高揚させる

その人自身の魅力によって

今日のつぶやき

今日の学習メモ
★多読:
You Are a Badass – by Jen Sincero(18%)
https://amzn.to/3mZCkLs
★スピーキング・リスニング:
Elevate – Brain Training
https://apps.apple.com/jp/app/elevate-brain-training/id875063456
英検1級過去問リスニング
★ボキャビル:
メルマガ発行
英検1級 文で覚える単熟語
https://amzn.to/34w6BtY
★その他:
初めて出会った言葉
pass off as ~「~に成り済ます」
entomb エン[トゥ]ム「~を埋葬する」
argue for ~「~を唱える、~に賛成である」

毎日の継続が第一です。
それではまた明日!

メルマガ/フェイスブック/twitterでも毎日購読できます。
http://www.eigonou.net/mailmagazine/
http://www.facebook.com/eigonounet
https://twitter.com/eigonounet
是非ご参加ください!

みんなの英語学習法
http://www.eigonou.net/category/toukoumethod/

英語脳とは…
http://www.eigonou.net/

バックナンバー
http://www.eigonou.net/backnumber/

編集:こばやし


The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)
あらゆるレベルの人に購読をオススメする英字新聞です




\当サイト人気コンテンツ/

英語習得へ毎日ちょっとずつでも近づきたい人へ

無料メルマガ

一日一文“英語脳”で読む英語上達法

6,000人以上が受講中です

無料購読はこちら